FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

ポンドドル ポンド円

【ポンド円】ウェッジ出現、しかし割れてもポンドドルが...

投稿日:2018年3月10日

 

相変わらずブレクジットネタで不安定なポンドですが、ポンド円は直近1ヶ月で1100pipsも落ちてたので、さすがにちょっと戻り入れてます。

4時間足チャート何か見ると、ウェッジ割れたら素直に売ってみたいとこなんですが、ポンドドル見ると、そっちはそっちで気になることが...

そして巨大なウェッジ、跳ねた場所が場所だけに、2つ目の視点も...

もしかしたらここからしばらく、不安定な動きになるかもですね。

 

 

月足チャート

2月のローソク足、値幅988pipsの長大陰線でウェッジをブレイク。

3月のローソク足はまだ生成中ですが、安値を更新後に少し戻してます(まだ2月の陰線の半分も戻してないですが)。

2月の長大陰線は3ライン・ストライク(トレンド末期に出ると約65%の確率でリバーサルすると言われるローソク足パターン)っぽいですが、オシレーターを見るとトレンド末期で出たものではなさそうという話は先週した通り(ユーロ円の方はトレンド末期っぽいですが)。

 

【ポンド円】ポンド不安定+円独歩高=ポンド円全力売り

  1ヶ月で1100pips以上下落!(*_*) さすがじゃじゃ馬ポンド、本領発揮ですね、トレード的には美味しすぎ...(^^ゞ ブレクジット(Brexit)=EU(欧州連合)離脱関連で依然 ...

続きを見る

 

 

週足チャート

先週安値のリバウンドについて、2通りの解釈ができるんです。

1つ目はウェッジの方で、「ウェッジ割れ急落→リテスト」はオーソドックスなラインの見かた(グレーの方)です。

2つ目はライントレード的な引き方で(赤いラインの方)、ちょうどチャネルラインで跳ね返っているという捉え方ができます。

このどちらになるか、今週の値動きは重要になってきます。

 

 

日足チャート

金曜の戻り高値は、ぴったり20日線でまで。「下落トレンド中の20日線のファーストタッチ」は、売り(もしくは戻り狙いの短期買いの利確)が入ってくる定番ポイントです。

次週まずは、ローソク足が20日線を終値で抜けてくるかどうか、見たいですね。

抜けてくるようだと、下落トレンドの流れが変わってくると思うので、「まず売りから」という短期的なトレード戦略も変わってきます。

 

 

4時間足チャートで、2つのヒントから、今週のトレードプランを考えてみます。

まず最初のヒントは、ウェッジができていること。「ウェッジ割れ=急落」の公式があるので、これは注意。

2つ目のヒントは、2つのローソク足上ヒゲ。3/2の底値(144.98)からの戻りの過程で、(1)2/2~3/2のフィボナッチ23.6%戻し(2)20日線と、2つの重要なテクニカルポイントで、ローソク足に上ヒゲが出てます。これは、テクニカルポイントで新規売りと短期買いの利確に伴う売りが出ているということ。ということは、この後上へ行く場合も、やはりテクニカルポイントで同様の動きになりやすいです。

 

という2つのヒントから、ここからの動きですが、

上へ行く場合:236で最初のヒゲが出たことから、フィボナッチポイントが意識されやすいので、次は382(149.42)あたりまで戻す

下へ行く場合:「ウェッジ割れ=急落」の公式通り、割れたら3/2安値を目指す

気迷い:ウェッジを割れたものの、今度は3/2安値~618で買戻しが出て、結果として不安定なヨコヨコ

このあたりの3パターンになりそうな気がします。

 

トレードとしては

買いの場合、ターゲット382が近く、ブレイクアウト買いはやりたくないので、

ウェッジライン近くでローソク足のパターンが出たり、4時間足5/20SMAグランビルなどで押し目買い、割れたらすぐ撤退

売りの場合、ウェッジ割れをローソク足終値で確認して、リスクリワードが取れるようであれば薄く追随、3/2安値Wボトム警戒で一旦エグジット

3/2底値からのフィボ618などでは買いが出るかどうか様子を見る

というところから入る感じでしょうか?

 

ただし、今ひとつ歯切れが悪いのは、ポンドドルの方が気になります。

 

 

月足チャート

2007年11月高値~2015年10月安値という10年スパンの超ロングチャートで、今年1月に23.6%戻しのメジャーフィボナッチポイントをつけてるんですが、

 

 

週足チャート

いまダウントレンドラインへ向けて緩やかに上昇中で、そのチャネル内でウェッジができてます。

 

 

日足チャート

先週は20日線(緑のライン)がレジスタンスになりましたが、これ抜けてくると、ウェッジブレイクでもう一度今年1月高値を目指しそうなチャート形状になってるんです。おそらく前回高値超えのところでダイバージェンスになると思うので、そこから一気に上へは伸びにくいように見えますが、少なくともそのあたりまで500pipsくらい上があります。

 

ポンドドルが上へ行きそう?ってことは、ポンド円も引っ張られるので、そうすると週足チャートの赤いチャネルのシナリオの方になります。今週は分岐点になるかもしれないので、少し不安定に上下するかも。どちらでも対応できるよう、両睨みでいっときたいですね。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ポンドドル, ポンド円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.