FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

豪ドル円

【豪ドル円】ダブルボトム崩し、79.50狙い。まだここからでもいける?

投稿日:

 

3月になりました。今月は日本は決算月なので、昔ほどではないですが、中旬くらいまでは円転のリパトリをちょっと意識しときたいですね。

昨日からクロス円が一斉に動いていて、いい感じです。ドル円は大きく崩れてないんですが、ドルストレートでドル買いが進んでます。

「円が最強の時は、クロス円狙い」は鉄則!

この順列の時はクロス円が大きく動くので、トレードも分かりやすく、大きく狙えることが多いです。

もちろん、トレンド方向に順張り、トレンドフォローで!

 

今日は、豪ドル円です。

  • 豪ドル米ドルが大きく崩れそうなチャート形状をしている
  • 中国の経済指標や原油相場など、ファンダメンタルズ環境が不安定
  • テクニカル的にも、重要なサポートをブレイクしている

豪ドル円の売り、狙い目です。

 

 

月足チャート

過去14年間の値幅(55.06~107.85)を縦方向に均等に3分割すると、面白い形になります。

中心線は80.81で、約3年スパンで、

「真ん中のゾーン→上のゾーン→真ん中のゾーン」

と動いてます。

 

真ん中のゾーンは、だいたい72-90円で、過去10年を見ると、72円ラインと90円ラインの逆張り成功率高いです。

直近では90円近辺の売りは、美味しかったですね。

 

 

「テクニカル的に、豪ドル円の売りは狙い目」

週足チャートでもう少し具体的に、2つの視点から見てみます。

 

1つ目は、王道のサポレジサポート&レジスタンス)とライン&チャートパターン

右上がりのチャネルを割れ、先週の段階で右下がりのチャネルの下のラインで2本ヒゲだったんですが、これを今週のローソク足で下にブレイクしています。

 

ライントレードは、「サポレジをブレイクしたら次のサポレジを目指す」という考え方です。

(C)の右下がりのチャネルラインを割れたので、次のサポートは(A)の水平線(81.48)です。

サポレジの考え方は、サポートを割れたらレジスタンスに入れ替わるというものなので、

  • (B)の水平線と(C)のチャネルライン、2つのサポートラインを割ってきた
  • →(B)と(C)は、今後レジスタンスになりやすい

ということになります。

 

  • ここから(B)か(C)まで戻したら、リテストの戻り売りエントリーのチャンス
  • ターゲットはA(81.48)

シンプルに考えると、こういうことになりますね。

 

 

2つ目は、王道のフィボナッチ。フィボナッチ・リトレースメントと、フィボナッチ・エクスパンションの2つを組み合わせます。

 

1本前と2本前のローソク足をよく見ると、(X)-(Y)の38.2%戻しラインという重要なフィボナッチポイントで、2本下ヒゲが出ています。

「382というメジャーフィボナッチポイントで2本下ヒゲが並ぶ」

これは当然、リバーサル(反転)を考えます(ダイバージェンスにはなってないですが)。

 

ところが、今週のローソク足で、その2本のヒゲが並んだ安値を割ってきました。

このような場合(典型的なリバーサルシグナルを逆ブレイク)、ストップオーダーや新規追随オーダーを巻き込んで、ブレイク方向へ大きく伸びることが多いです。

382の2本ヒゲバックの買いオーダーは、当然ここでドテン売りになります。

 

382をブレイクしてきたということで、次のフィボナッチ・リトレースメントのターゲットは、

  • X-Yの半値戻し(81.37)
  • X-Yの61.8%戻し(79.26)

になります。

 

フィボナッチではもうひとつ、エクスパンションで上からターゲッティングすることができます。

チャートのインジケーターでは、(Y)-(1)-(2)の3点を結びます。

(2)から(Y)-(1)と同幅下げたところが、最初のターゲットです。いわゆる「N値」です。

今はこの最初のターゲットをブレイクしたところなので、次は138.2、161.8を目指す、という見かたになります。

 

このエクスパンションと、リトレースメントが、時々重なることがあります。

複数のテクニカルが重なるところは、値動きが目指したり、反転したりする重要なテクニカルポイントになります。

 

このチャートの場合、

  • リトレースメントの61.8(隠れてますが79.26)
  • エクスパンションの161.8(79.45)

が、ほぼ重なってます(Z)。これはターゲットとして面白いですね。このあたりを狙ってみる、というのもアリかと思います。

 

週足チャートのターゲット

  • サポレジ:81.48
  • フィボナッチ:81.37・80.56・79.45・79.26

 

 

日足チャートで、もう少し細かく見てみると、オレンジの四角割れは、相当ストップ巻き込みましたね。

  • チャネルボトム
  • ダブルボトム(特に今回の場合は、下ヒゲハンマー+十字線という強力なローソク足のパターン)

確かにダイバージェンスにはなってないですが、この2つの組み合わせは、かなり強力なリバーサルシグナルです。

これを割り込むということは、当然ストップを巻き込みます。

 

相場に100%はない、ということですね。

やはりここは、「ダイバージェンスが出るまでは下方向を目指しやすい」と思っといた方がいいです。

 

 

細かいトレードのアジャストは、4時間足で。

ダブルボトム割れのところは、

  • ディセンディングトライアングル
  • ボリンジャーバンドのスクイーズ・アンド・ブレイク

2つ重なってます。

 

ディセンディング・トライアングルは、ボールが地面に跳ねるイメージを思い浮かべると分かりやすいですが、地面にボールを落とすと、だんだん弾む反発力が弱まってくるイメージです。これのブレイクアウトは、鉄板のブレイクアウト売りポイントになります。

もしここからリテストがあれば、追加ポジ入れてみたいですね。

 

 

ボリンジャーバンドはまだエクスパンション、ダイバージェンスにもなってないです。まだ下値更新がありそうなチャート形状です。

 

あまりに鉄板だったのでダブルボトム(ディセンディング・トライアングル)割れのローソク足のアタマで2ポジ入れましたが、

  • 83.15売り
  • 82.78売り

は、上のターゲットを念頭に、プライスアクションでもうちょっと引っ張ってみようと思います。

4時間足20SMA・トレンドラインを抜けたら、エグジットを考えようと思います。

 

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送ります!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-豪ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.