FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

ユーロドル

【ユーロドル】決定的テクニカル出た、1.1850まで下がる?

投稿日:2018年2月28日

 

昨年1月安値(1.0340)から今月高値(1.2555)まで、2215pipsも上昇してきたユーロドル。

1年2ヶ月の長きに渡って上昇トレンドが続いて来ましたが、テクニカル的にかなりインパクトあるサインが、チャート上にいくつも出てます。

これはどうやら、上昇一服になるかもしれないです。

 

 

月足チャート

今日で2月の月足が確定します。このままいけば、

  • 2008年高値から10年続くダウントレンドライン
  • 2008年高値(1.6037)~2017年安値(1.0340)のフィボナッチ38.2%戻しライン

という2大テクニカルポイントにおいて、ツイーザー(毛抜き天井)が出現することになります。

 

これだけ強力なサインが揃うと、テクニカル的にかなりインパクトあります。

上昇トレンド終了(休止)もしくは転換示唆のシグナルです。

 

ただ、ローソク足だけは、今のところひとつ前の陽線の半分くらいまでしか戻してないです。もう一度上値トライの可能性を残した、ちょっといやらしい感じのペアになりそうなのは気になりますが...

 

とりあえず上昇トレンド一服として、どのあたりまで下げそうか?というのを、月足以下、見ていきたいと思います。

まず月足だと赤いサポレジ(サポート&レジスタンス)の1.21ラインが目に留まります。このラインはとても重要なので、意識しておきたいです。

 

 

週足チャート

確かにMACDは今月高値でダイバージェンスになってます。これも転換シグナルの判断材料のひとつになります。

 

週足チャートで、下落ターゲットになりそうなところを探してみると...

ひとつ前のスイングハイ(山の頂点)が1.2092にあります。だいたい1.21なので、やはり1.21は強めのサポートラインになりますね。ちょうど角度の急な方のトレンドラインも、このあたりで当たりそうです(赤い矢印のところ)。

あとは、定番で底値からのフィボナッチ。23.6%戻しが1.2032、38.2%戻しが1.1709にあります。

 

今のところは、このくらいを見ときたいです。

ちなみに、ダウ理論のトレンド定義では、ひとつ前のスイングロー(谷)、青い矢印の1.1554を割れない限り、上昇トレンドは継続しているということになります。随分下ですね...(^^ゞ

 

 

日足チャート

2つの高値AとBで、ダブルトップです。そして、MACDはくっきりとダイバージェンスになってます。

トレンド末期の「ダブルトップ+ダイバージェンス」。これはテクニカル的に、かなり明確なトレンド転換サインになります。

 

ダブルトップをもう少し掘り下げてみると...

2つのトップポイント(A)と(B)の間の最も低いところ、(C)の1.2205が、ネックラインになります。

ダブルトップの確定条件は、ネックラインを終値で割れて引けること

なので、今日のNY引けで(C)のネックライン1.2205を割れてたら、ダブルトップが確定します。

もし下ヒゲを残してボディが1.2205ラインより上でクローズしてたとしたら、まだ確定判断は待ちです。

 

では、今日NY引けで1.2205を割れてダブルトップが確定したとして、日足チャートで下落ターゲットを見てみると...

 

まず目に留まるのは、ひとつ前のスイングハイ(1.2092)、(E)-(F)ラインです。(F)のあたりは、ちょうどトレンドラインが重なります、やはりここは意識しときたい重要ポイントです。

次に、1.20のラウンドナンバー。この少し上には、利益確定と逆張りの買いオーダーが並んでいるはずなので、これは外せず。

最後に、ダブルトップの定番、ネック(C)~高値(B)の反対返し、(D)の1.1855。

これに週足のフィボナッチポイントあたりを加えて、ターゲットリストにしときたいですね。

 

ダブルトップが確定した場合のテクニカルターゲット

  • ラウンドナンバー+サポレジライン(ひとつ前のスイング高値)+トレンドライン:1.2100前後(週足+日足)
  • 2017年1月安値(1.0340)~2018年2月高値(1.2555)のフィボナッチ23.6%戻し:1.2032(週足)
  • ラウンドナンバー:1.1200
  • 2017年1月安値(1.0340)~2018年2月高値(1.2555)のフィボナッチ38.2%戻し:1.1709(週足)
  • ダブルトップ・ネックライン~トップの反対返し:1.1855(日足)

 

今のところターゲットはこんな感じでいいと思いますが、次はエントリーですね。

 

売りエントリーのポイントは、戻り売りとしては5日連続レジスタンスになってる20日線なんですが、今のところ1.2344にあり、まだダブルトップの中です。ダブルトップを割れたらって話なので、ここは

  • 5日線とか4時間足のポイント
  • 1時間足のプライスアクション(チャートパターンやローソク足のパターン、ラインや移動平均線など)

で入れば、エントリーしやすいと思います。もちろん、ブレイクアウト後の定番、ネックラインのリテストも忘れずに。

 

ロスカットは、流れが変わるところ。遅くとも20日線を明確に抜けてローソク足のボディ(実体)が引けたら、損切りしときたいですね。

 

 

4時間足チャートは、ちょうどダブルトップの部分が拡大された感じです。

売りエントリーする場合は、ローソク足が20日線(青のギザギザ)より下にあることが、まず大前提。上でも書いたように、このラインを抜けてしまうと流れが変わってしまいます。

4時間足20SMA(緑)あたりを目安に、チャートパターンやローソク足のパターン、5SMAなどを組み合わせて売りエントリーすれば、精度高めのエントリーができると思います。

 

トレンド初期のエントリーは、ストップ幅狭めで、良好なリスクリワード比が取れることが多いです。

ここのエントリーは、特に気を配りたいですね。

 

ちなみに、ユーロ円の方ですが...

 

 

今日今月の足が確定する月足チャート、このままいけば、3ライン・ストライクになります。

これは、だいたい65%くらいの確率でリバーサルするといわれる、ローソク足の組み合わせパターンです。

65%の確率(2/3)であれば、乗ってみるのもアリかと思います。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送ります!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ユーロドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.