FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

ドル円

【ドル円】106円台はもしかして通過点?ターゲット105.50?

投稿日:2018年2月14日

 

いや、円買いすごい (*_*)

ドル円、昨日トライアングル割れたと思ったら、今日は去年安値107.31も割れて、一昨年11月以来の106円台突入、一時106.83までありました。

トライアングル割れてきたこともあり、改めてターゲットをリプレイスしとかないとです。

ターゲットの取り方など、参考してみてください。

 

 

週足チャート、現時点でトライアングル割れてますが、このまま週末まで戻せなければ、来週以降見切り売りと新規参入が出るかも。

まだ下がるとしたらどこまで...?

このチャートで、ターゲットを探してみます。

 

まず通常だったら、スイングのハイロー(高値安値・山と谷)を探して、それをターゲットにします。

昨日までだったら昨年9月安値の107.31ですが、今日割れてしまったので次を見つけなければいけないです。

ところがこの下は、2016年11-12月トランプ大統領誕生で、101.19から118.66までほぼ一直線に1747pips上昇してしまったため、ここにスイングハイローのサポレジがありません。

 

ではどうするか...?

そんな時は、フィボナッチで下から取るか(上から取れる場合もありますが)、上からラインかパターンで取っていくやり方が一般的です。

 

フィボナッチだと、トライアングルの起点(2016年6月安値、98.99)~2016年12月高値118.66が引けるので、次は61.8%戻し:106.50です。

上からラインを引く場合だと、トライアングルの右下がりの上辺の平行線を、スイングロー(谷)に当てる方法があります(チャネルライン)。このチャートだと2本引けて、今は105円台前半と、104円台前半です(日々値は下がってきます)。ただチャネルラインの場合は、チャートによって若干誤差は含んどいたほうがいいです。

 

こんな感じで、週足チャートでは、

  • 2016年6月安値(98.99)~2016年12月高値(118.66)のフィボナッチ61.8%戻し:106.50
  • チャネルライン:今だと105円台前半と、104円台前半

というターゲットが、見つかりました。

 

 

日足チャート

プライスアクションのトレードであれば、主に

  • 移動平均線・平均足・パラボリックなどのトレンド系
  • MACD・RSI・ストキャスティクス・CCIなどのオシレーター系

その他にADXや乖離・ATR、ローソク足形状などのテクニカルを組み合わせてトレードしていくのが一般的ですが、ここではサポレジがないところのターゲット設定ということで、いまきれいに出ているエリオット波動を使ってみます。

 

エリオットシナリオ1

  • 3波(2-3)が1波(0-1)の138.2%
  • 4波(3-4)が3波(2-3)の38.2%

ときれいに収まってるので、4から始まった5波終着点は、

  • 4から1波と同幅(389pips)下落した106.59

というのがオーソドックスな見かたです。

 

ただし、3波は通常1波の161.8%であることが多く、このカウント方法だと138.2%で少し短いこともあり、5波は1波同幅フルではなくても、61.8や78.6でもありそうです。

とすると、61.8(108.07)78.6(107.42)は、共に既に達成しちゃってます。

最後に106.59つける可能性を残しつつも、今日の安値106.83で短期底、という見かたもできなくはないです。

その場合、エリオット波動衝撃波5波動は1-5がひと固まりになり、今度はそのフィボナッチ(236、382)あたりが戻り売りポイント、という見かたになります。

 

 

エリオットシナリオ2

上のエリオットシナリオ1で「138.2%だと少し短いこともあり」というところがちょっと気になって、今日の安値が161.8%まで届いているということに着目し、「今日の安値までが3波」という見かたができるようになりました。

とすると

  • 4波:3波の38.2%戻し(下落の勢いが強い時は23.6%止まりのことも)
  • 5波:4波終着点から1波(389pips)下落した地点

ということになり、仮に4波を3波の38.2%戻しで計算すれば、5波終着点=105.58になります。

(実際には、4波終着点から改めて計算する必要があります)

 

という2つのエリオットシナリオから、

エリオットシナリオ1

  • 今日安値で下落はひと段落、ここから昨年11月高値(114.73)~本日安値(106.83)の23.6%戻し(108.70)か、38.2%戻し(109.85)あたりまで戻す

エリオットシナリオ2

  • 今日安値で3波終了、ここから3波の23.6%戻し(108.46)か38.2%戻し(109.47)まで戻した後に、5波(1波=389pipsと同程度)下落

という2つのパターンが考えられます。

ただし、今日安値でまだダイバージェンスっぽいのがくっきり出てないこともあり、もう一度今日安値切り下げで3波終了ってシナリオもあり得るので、その場合は改めてフィボナッチを取り直す必要があります。

 

 

ちなみに、パターン割れで入れた昨日の3つのポジのうちのエグジット方法、置いときます。参考になれば。

  • 108.57売り(1時間足パターンブレイク)
  • 107.63エグジット
  • +94pips

ちょうどチャネルラインにあたるところで、ハンマー足が出たので、次の足の始値付近でエグジット

 

 

  • 108.36売り(1時間足ボリンジャーバンドのスクイーズブレイク)
  • 107.71エグジット
  • +65pips

ローソク足がボリンジャーバンド-2σから離れてきて±2σが閉じてきたのでエグジット

 

 

  • 108.57売り(15分足パターンブレイク)
  • 107.66エグジット
  • +93pips

ダイバージェンス、ADXのピークアウト、±DIクロス、移動平均線のゴールデンクロスなど複合的に見てエグジット

 

1時間足は1時間足、パターンブレイクはラインで、ボリンジャーはボリンジャーで。

15分足は15分足で。

ポートフォリオ別にトレー方法はきっちり整理して分けた方がいいですね。ごっちゃになると整理が大変なので。

 

こんな感じで、ワントレンドで+94+65+93=252pips、大きなトレードになりました(⌒∇⌒)

 

やはり、トレンド系手法の爆発力は、すごいです。

ワントレンドで爆発的に取る手法は、ここに詳しくまとめてあります。

びっくりするくらいワントレンドで大きく取れることが多いです。

 

 

ここからのトレードですが、基本的にまだエリオット波動が続いてることを考えると、流れは下方向。買いはやりたくないです。

少なくとも、このチャートの20日線とトレンドラインがほぼ重なってますが、これをしっかり抜けてくるまでは、リバーサルを狙うとしてもあくまでも短期。

エリオット波動の3波にしろ5波にしろ、ターゲットには近いので、ここから売り急ぐよりは、戻りを狙いたいです。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.