FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

トレード手法 ドル円

【ドル円】移動平均線とサポレジの定番トレードルール

投稿日:

 

FX相場、本当にいい感じですね、これだけ動くと取りどころ満載です。

先週のドル円は、ダボス会議もあり、ムニューシン・トランプ・黒田発言に右往左往...でしたが、

今週も、トランプ大統領初の一般教書演説、FOMC、米雇用統計など、盛りだくさん。

 

ドル円のテクニカルは、そろそろレンジ下限ということもあり、基本は売りの流れのではあるものの、今週は自律反発もあり得る位置。

これだけ下げると、自律反発といっても、それなりの幅も考えられるので、

そうなれば短期軸では買いトレードもいけるかも。

 

ドル売り相場が続くのか、切り替わるのか、今週はちょっと慎重にやりたいです。

 

 

週足チャート

 

先週の値幅は294pips、ローソク足は、3週連続安値切り下げの陰線、安値108.28までありました。

高値安値切り下げ中なので、前週高値を抜けるまでは基本売りからなんですが、

そろそろレンジ下限(昨年底値の107.31)も意識されると思うので、ここから積極的に売り進むイメージも持ちにくいです。

 

トライアングルの下辺については、どことどこを結ぶかによって見かたが変わり

点線のように結べば確かに下にブレイクしてて「トライアングル割れで急落」になりますが

もう少し前のところ(2012年9月あたり)を起点に結ぶと、実線のとこはまだです。

ここはもう数週見ないと、何とも言えないかと。

 

今週のポイントは、まず前週安値(108.28を割るかどうか)。

割ったとしたら、その後の動き(リバウンドするか、そのまま落ちるか)。

割れなかったら、ちょっと戻すかも。

ここまで来ちゃってるので、売るとしたら、ブレイクアウトではなくて、戻り売りのイメージです。

 

 

日足チャート

 

先週金曜日のローソク足、前日高値切り上げ後に安値切り下げだったので、ちょっと微妙な動きです。

日足ではまだくっきりとしたダイバージェンスは見られないので、一旦戻した後にもう一度安値切り下げもあり得る形。

 

もし安値を切り下げた場合は、安値の目途は、

ちょっとフィボナッチはまってなさげですが(618も786もスルー)昨年11月高値からのエクスパンションで107.45

それと、昨年9月安値107.31

どちらも107円台前半~半ば、このあたりで利確の買戻しをしといた方が手堅い。

 

ちなみに、買いと売りの境目は、先週金曜にもレジスタンスになった5日線(黄色)を見るという方法があります。

5日線は過去5営業日(1週間)の終値の平均なので、短期トレンドの際は割と意識され

トレンドの継続や反転の判断、押し目買いや戻り売りによく使われます。

 

これに「向き」を加えると、

  • ローソク足が5日線の下にあり、かつ5日線が右下がりであれば、戻り売り
  • ローソク足が5日線の上にあり、かつ5日線が右上がりであれば、押し目買い

というエントリールールが出来上がります。

結構有名なトレンド系のエントリールールですね(⌒∇⌒)

 

このルールに照らし合わせれば、少なくとも日足チャートではまだ買い向かうのは早く

言い換えれば、もし買うのであれば、

ローソク足が5日線を抜け、かつ5日線が右上がりに転じてからでも遅くない、ということになります。

少なくとも、まず前日高値切り上げを見たいですね。

 

これに、約1ヶ月の終値平均である20日線(よく使われるのは、20、21、25あたりですが、どれも同じ考え方です)やオシレーターなどを組み合わせていくと、トレードルールとして出来上がってきます。

 

 

4時間足チャートだと、ローソク足の終値判断であれば、4時間毎のトレード判断です。

(日本であれば、欧米冬時間は7・11・15・19・23・3時)

このへんは、トレードスタイルを見てください。

 

先週は、パターンブレイクが、いい売りポイントでした(A)。

5/20SMAでも、ここが売り判断になりますね。

1時間足とかでも、ここはサポレジのリテストが出てて、売りしやすかったです。

スクールSNS公開ポジも、ここで売りエントリーしてます(110.40)。

 

スクールSNS公開ポジは、最初からエグジットを決めてたので

メジャーチャネル到達+80pipsで利確しましたが(109.60)、

その後1回目の20SMAリテストで売り、ダイバーでエグジットという定番トレードをされた方も多いと思います。

 

さてここからですが、

  • 既に週末チャネルボトムでダイバージェンスが出ている
  • 20SMAで2回レジスタンス跳ね返されてる

などを見ても、もう一度下攻めがあるにしろないにしろ、とりあえずは反発してもおかしくない形です。

微妙にツイーザー(毛抜き底)も。

 

短期軸で買えるか?

 

基本はローソク足が右下がりの20日線(青いギザギザ)の下で、ダウントレンドです。

ダウントレンドラインもあります。

まだスイングハイも切り下げてます。

反発局面での買いポジは逆張りになるので、仮に買いを入れるにしても、20日線かダウントレンドラインあたりで1回出ときたいです。

 

出どころはそことして、入れどころは?

 

ダウ理論の定番トレードだと、スイングハイの切り上げ

=ダイバージェンス間の高値(B、109.77)抜けを見てから押し目買い

なんですが、ちょっと距離あります(今の位置から100pips以上)

 

ライントレードだと、ダイバー出てるので

インナートレンドラインブレイク(ピンク)で買い、チャネルライン(水色)まで

というトレードプランが考えられますが、これは水色のダウントレンドラインまでの距離とリスクリワード比を見て、1時間足で判断する必要があります。

RR比よければOK、それほど見込めないのであれば、その場面は見送ってもいいトレードになります。

 

ということを考えると、移動平均線をメインに見るのが定番。

まず2回跳ね返されてる4時間足20SMA抜けを見た後で、

1時間足の1/20SMAのグランビルとか。

もしくは、1時間足でチャートパターンができるとか。

 

そんな感じで、週明けを迎えたいと思います。

 

FX、いい感じになってきましたね!

ブログとツイッターを見ていただいている皆さんはお分かりと思いますが、今月はもう十分利益出ました(^^ゞ

(スクールSNS公開ポジは+1000pips超えました)

先週だけで+884pips

トレンド系がメインなので、こんな相場だと破壊力すごいですね(⌒∇⌒)

 

スクールSNSではリアルタイムでどんどん公開してて、時々ファンドポジの方もこっそり...(^^ゞ

 

無料メルマガ、やっとお送りできると思います。お待ちを!

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-トレード手法, ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.