FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

ポンドドル

【ポンドドル】ここから少なくとも200pipsくらい伸びそうに見える...

投稿日:

 

ドル売りの流れ、続きますね。

こういう時は、クロス円はドル円のバイアスがかかってしまうので、

ドルストレートも見てみるといいですね。

比較的トレードしやすいことも多いので、おすすめです。

今日はポンドドルです。

テクニカル的に、ここから少なくとも200pipsくらいはありそうな感じに見えるので、ちょっと狙ってみたいですね。

 

 

まず月足チャートで大きな流れを。

 

2007年11月高値(A)を起点に、大きなダウントレンドライン(紺)が引けます。

このチャートの場合、これがメジャートレンドラインになります。

一方、2014年7月高値(B)を起点に、より角度の急なダウントレンドライン(赤)が引けます。

これが、インナートレンドラインになります。

 

いま、インナートレンドライン(赤)をブレイクした状態です。

いまの1.39あたりは軽いサポレジにも見えますが、テクニカル的には、

  • メジャーダウントレンドライン
  • 2007年高値~2016年安値のフィボナッチ23.6%戻し

あたりがターゲットになりやすそう。

 

まずはそのあたりへ向けたロングというのが、素直なトレードシナリオかなと思います。

 

それにしても、2007年頃は、1ドル=2.1160ポンド...

いまでこそ1ドル=1.4ポンドあたりですが、

リーマン前は、そんな時代だったんです。そんな時代があったんです(^^ゞ)

1ポンド=250円を超えてて、マクドナルドのハンバーガーが1個1000円超え、日本から駐在の方は大変な時代でした...

 

 

週足チャート

ローソク足4本連続で高値を更新してるので

(早い話、週明けオープンで買って、週末引けでクローズすれば、儲かるって話ですが)

今週もまずそこ、先週高値を切り上げるかどうかが、最初の確認ポイント。

そうすれば、今週も押し目買いからですね。

 

MACDもまだ全然ロングなので、

グレーのトレンドラインのサポートが効いている限りは、

赤いラインのようなチャートパターンのブレイクアウトやリテストなどが見つかれば、

ありかもしれないですね。

 

上記23.6(1.4079)あたりまで、まだ200pipsあります。

一気にまっすぐ行くかどうかは別ですが、上手く狙ってみたいですね。

 

日足チャート

先週ヒゲでダブルトップのようになってるんですが、

まだ先週末安値を切り下げてないですね。

オシレーターもダイバージェンスになってません。

ダブルトップ崩しになれば、伸びるかも。

 

ローソク足>右上がりの5日線(黄)>右上がりの20日線(緑)

なので、まだ基本ロング目線ですが

もしローソク足が5日線を割ってきたら、次は5日線を使った移動平均線のグランビルか、

ちょっといろいろラインを引いてありますが(多くて何のこっちゃ的に見えますが、全部チャネルかパターンです)

小さなパターンブレイクでエントリーしてもおもしろそう。

 

もちろん、右上がり状態が続いていれば、ローソク足が20日線に近づいたところで

押し目買いのチャンスがあるかもしれないですね。

 

 

4時間足

先週ツイッターで書きましたが、

20日線(青のギザギザ)に加えて、4時間足20SMA(緑)もいいサポートになってます。

 

とはいえ、先週1.39で2回ヒゲが出てたり、ダイバージェンスになってたりするので、

今週はどこかでこのラインを、ローソク足や5SMAが割り込んでくる場面があるとおもいます。

そのような場面は、結構次のトレードチャンスになるかもです。

 

近づいたら、無料メルマガかツイッターで。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ポンドドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.