FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

ユーロドル

【ユーロドル】ここから400pips狙える?超重要分岐点1.21をうまく使うには...

投稿日:2018年1月3日

 

今週は、2018年最初のスタートダッシュを決めるために、ちょっとここは見逃せないな、という通貨ペアとテクニカルを、いくつかピックアップします。

「狙えるかも!?」シリーズ、結構的中率高かったりするので...(⌒∇⌒)

 

今日はユーロドルです。

 

 

月足チャート

 

2017年は1月に底値1.0340をつけたあと、9月の1.2092まで1752pips上昇しました。

2017年の年明けは「ユーロドルのパリティ(1USD=1EUR)は時間の問題」と言っていたアナリストが多かったと思いますが...

  • ユーロのファンダメンタルズは脆弱で、ECB(欧州中銀)の政策は緩和
  • アメリカの経済指標は堅調、2017年12月の利上げに続き、2018年は3回の利上げ予測

ファンダメンタルズから見れば、ユーロ売り・ドル買い(ユーロドルは売り)と判断しやすそうですが、そう簡単にはいかないですね。

 

ファンダメンタルズは、様々なファクターが複雑に絡み合って、プロでも予測が本当に難しいんです。

個人トレーダーは、ファンダメンタルズよりも、やはりテクニカルをベースにトレードしたほうが、やりやすいと思います。

 

やはり、人の予想はあくまで予想。

「人の予想」にとらわれていたら、「ユーロドルは売り」という頭が、トレード判断の足を引っ張ってしまいます。

それではトレードはうまくいきません。

  • 「トレード脳」は、常にフラット状態でチャートに挑む
  • 自分でチャートから流れを読み取り、シナリオを描き、判断する
  • チャートアクションに素直についていく

これが、とても大切なポイントかと思います。

 

いまは青いライン(1.16前後)のサポート、赤いライン(1.21前後)のレジスタンスの間で、次はどっちへ抜けていくかという場所。

この見かたは、サポレジ(サポート&レジスタンス)の法則ですね。

 

私見では、赤いラインを上へ抜けて、

  • 2008年7月高値(1.6037)~2017年1月安値(1.0340)のフィボナッチ38.2%戻し
  • ダウントレンドライン

がほぼ重なっている、1.25あたりへ向かってもよさそう?と思ってますが、どうでしょう。

テクニカルが重なるポイントというのは、テクニカルの重要性・信憑性が増し、レートの引力があります。

そういった意味でも、この1.25というのは、2018年最初の重要なポイントになってくるのでは(もちろん↑へ行った場合ですけど)。

 

もちろん、青いライン(1.16前後)をしっかり割り込んでしまったら、リセット。新たなシナリオです。

 

 

週足チャート

 

昨日の9月高値(1.2092)トライは一旦跳ね返されました。

現時点では上ヒゲになってますが、まだ週央ですし、少なくとも前のローソク足よりも高値安値共に切り上げてるので、流れは上方向です。

 

ここ結構重要で、抜けてくれば、

  • 右上がりの26週(半年)MA(緑のライン)
  • グレーのライン(9月高値を抜ければトレンドラインになります)

という2つのアップトレンドのサポートがあるので(これらをローソク足終値で割れたらシナリオ変更)、上を目指す流れが継続しそう。

その場合は、月足の重要なテクニカルポイントである1.25あたりを目指す流れ?

いま1.20あたりなので、ここから4-500pipsくらい狙える!?

 

この「狙えるかも!?」シリーズは結構的中率高いので、今回はいかに!?(⌒∇⌒)

 

ただし、金曜終値で上ヒゲ陰線とかになったら、話は別。

ダブルトップでネック(1.1554)方向というシナリオも出てきます。

 

 

日足チャート

 

4連続陽線のあと、今日は今のところ、前日の高値も安値も更新してないです。

高値更新すれば上方向ですし、安値割れだったら、ちょっと調整かもです。

 

昨日高値は、去年9月高値(1.2092)やチャネルなど、1.21手前のレジスタンスです。

ここをしっかり抜けることが出来なければダブルトップの形になってしまう分岐点なので、直近の上げに対する利確や売りなどが入ってきやすいポイントにはなってます。

 

ただ引き続き

ローソク足>右上がりの5日線(オレンジ)>右上がりの20日線(緑)

とアップトレンドなので、チャネルや20日線を割れるまでは押し目買いからの方がセオリーです。

 

押し目買い方法としては、

サポレジであれば、5日線・20日線・チャネルや11月安値からのフィボナッチポイントあたりで有効なローソク足のパターンなどが出るかどうか

プライスアクションであれば、移動平均線のグランビルや、平均足・パラボリックなどのトレンド系インジケーターに、MACDやRSI・ストキャスティクスなどのオシレーター系インジケーターを組み合わせれば、判断しやすいですね。

 

ローソク足高値安値の法則も、入れといた方がいいかも。

 

 

4時間足チャート

 

昨日高値は、確かに1.21手前のレジスタンス(去年9月高値・チャネルなど)でしたが、4時間足チャートでも

  • ダブルチャネル
  • ADXのピークアウト
  • RSIのダイバージェンス

など、短期ロングはエグジットしなきゃって感じです。

ここはまず押し目買いを狙ってみたいですね。日足のところに書いた方法などが、割とスタンダードだと思います。

 

 

1時間足チャート

 

ちょっとデイトレ的に見てみると、クリスマス明けからの上昇トレンド中は、1または2が、いい押し目買いポイントです。

右上がりの1時間足20SMA(緑)>右上がりの4時間足20SMA(ピンク)>右上がりの20日線(青)

という買い条件が揃ってるので、まず買いから。

5SMAが20SMAに接近して再上昇するあたりですね。

2なんかは、チャネルに沿って上昇してるので、分かりやすいと思います。

タイムフレームを落としたグランビルは、押し目買いにとても有効です。

 

エグジットは、ブルーの丸と矢印のところが、5SMAと20SMAがデッドクロスしてるあたりがいいと思います。

 

このパターンはよく出てくるので、このグランビルベースのトレード方法をマスターしておくと、結構使えると思います。

 

いまは1.20とチャネルのサポートがきくかどうかですね。

このフラッグ抜けてきたら、レジスタンストライになりそう。

グランビルでうまく押し目買いしたいですね。

 

2018年も、是非いいスタートダッシュ決めていきたいですね。

 

今後無料メルマガでいろいろお送りしていく予定で、いま準備中です。間もなく。今しばらくお待ちを。m(__)m

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ユーロドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.