FXテクニカル・為替予想・トレード手法・攻略法!アジアの人気FX先生が教える勝利のテクニック「技」ログ!

FXのワザログ

ドル円

【必見】FOMC後のドル円サキヨミ~過去3回の12月FOMCと今回

投稿日:2017年12月12日

 

すっかり材料待ちで動意薄のドル円ですが、いよいよFOMC(米連邦公開市場委員会)、今年最後のヤマ場です。

 

ファンダメンタルズの背景

0.25%の利上げは市場に織り込まれてるので、動意の材料とはなりにくいのではないでしょうか。市場の関心は

  • イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見
  • FOMCメンバーの政策金利予想を示す金利予測分布図(ドットチャート)での来年の利上げペース

になってます。

 

ただ、イエレンFRB議長は、あと2ヶ月で任期満了です。

直近のFRB(連邦準備制度理事会)議長(Chair of the Federal Reserve Board)の在任期間

  • 第12代:ボルカー議長(1979~1987年、8年)
  • 第13代:グリーンスパン議長(1987~2006、19年)
  • 第14代:バーナンキ議長(2006~2014、2期8年)
  • 第15代:イエレン議長(2014~2018年1月31日、1期4年)
  • 第16代:(2018年2月1日~)

在任期間1期4年だけ(ぶっちぎりで短いです)、辞める直前の会見内容がどれだけ影響あるかどうかは、分からないですね。

 

ドットチャートは、中央値が「来年の利上げ予想3回」になってます。

一部「4回」と予想してる米大手金融機関などもありますが、仮に4回だとサプライズになると思います。

 

アナリストや証券会社のレポートにひと通り目を通しましたが、ドル円は底堅い動きを予想しているところが多いです。

ドル円が底堅くなる要因としては、

  • 米国は正常化に向けて先進国の中で先頭の動き
  • 金融引き締め
  • ドル買いが出やすいという年末の季節要因
  • 米税制改革法案一本化
  • インフラ投資

などがありますが、

  • 先週発表された11月米雇用統計は、賃金の上昇が鈍くインフレが軟調(利上げを進めるFRBの政策運営への懸念)
  • 北朝鮮リスク・ロシア疑惑・トランプ米大統領のエルサレム首都認定による中東情勢の緊迫化など、リスク懸念材料が続く

と、いつ急に梯子が外されるかわからない状態が続くので、結局

底堅いけれども一本調子には上昇しにくそう

という感じかと思ってます(今のところ)。

 

過去3年の12月FOMC

12月FOMCは、重要な金融政策変更の発表も多く、FRB議長の会見やドットチャートの発表など、毎年注目度高いです。

過去3回の12月FOMCは、こんな感じでした。

 

直近3回の12月FOMC

2016年12月13-14日

  • 政策金利0.25%引き上げを全会一致で決定、0.50-0.75%に(市場予想通り)
  • 2015年12月以来1年ぶりの利上げ
  • 政策金利予測を上方修正(2017年の利上げ回数を2回から3回に引き上げ)

2015年12月15-16日

  • 政策金利0.25%引き上げを全会一致で決定、0.25-0.50%に(市場予想通り)
  • 2008年12月の利下げ以来7年振りの政策金利変更
  • FOMCメンバーは年4回程度の利上げ見通し維持

2014年12月16-17日

  • 事実上のゼロ金利政策維持
  • 2014年10月にQE(量的緩和)終了を決めた直後で、声明の文言に注目が集まる
  • 声明に「低金利政策を相当な期間継続」が残り、新たに「金融政策正常化(利上げ)開始まで忍耐強く待つ」が追加(「忍耐強く」は2004年の利上げ開始前にも使われており、利上げ機運が高まる)

 

過去3年の12月FOMC時のドル円チャート

直近3回の12月FOMC時のドル円は、どんな感じだったでしょうか?

 

2016年の12月FOMC(12月13-14日)

1年ぶりの利上げ

日足チャート

FOMC発表日の118.66をピークに、その後4月の108.13まで5ヶ月に渡る1053pipsの下落になりました。

トランプ大統領決定から1ヶ月半で1847pipsも上昇していたこともあり、結果的にFOMCの上げが、格好のクリスマス休暇前のポジション解消のタイミングにりました。

セルザファクト Sell the Fact」の典型例ですね。

 

1時間足チャート

FOMC発表時から週末NY引けまで、2日間+αの動きです。

  • 発表時(NYタイム、日本時間午前4時):115.22
  • ピーク(16時間後、ロンドンタイム、日本時間午後8時):118.66
  • FOMC発表後週末NY引けまでの値幅:344pips
  • 発表後の動き
    • 発表から2時間(日本時間午前4-6時)で273pips上昇
    • 東京タイムは初動で急騰(66pips)、利確の下げ後、引けにかけて上昇を続ける
    • ロンドンタイムでピークを付けた後に乱高下、NYタイムから翌金曜引けにかけては断続的に利確が続いて下げる
2015年の12月FOMC(12月15-16日)

7年ぶりの利上げ

日足チャート

FOMC翌日につけた123.56をピークに、6月24日の98.99まで、半年に渡って2457pipsの大きな下落の引き金になりました。

 

1時間足チャート

FOMC発表時から週末NY引けまで、2日間+αの動きです。

  • 発表時(NYタイム、日本時間午前4時):121.77
  • ピーク(翌金曜東京タイム、日本時間12時):123.56
  • FOMC発表後週末NY引けまでの値幅:251pips
  • 発表後の動き
    • 発表後は乱高下、翌日木曜ロンドンFIXまでジリ上げ、ロンフィク後は利確の下げ
    • 金曜東京タイム12時に日銀黒田バズーカ3(新たなETF購入枠設定と長期国債残存期間延長など)で急騰
    • そこがピークで週末NY引けにかけて利確の嵐で251pips下落
2014年の12月FOMC(12月16-17日)

ゼロ金利政策維持

日足チャート

この年は10月中旬~12月上旬にかけて、アメリカのQE終了決定と日銀の緩和発表で、2ヶ月で1665pips上昇。

利確とポジション調整でFOMC前の1週間に、2ヶ月上昇分の1/3にあたる628pips下げて調整が完了していたこともあり、素直にFOMCの結果で買いになっています。

 

1時間足チャート

FOMC発表時から週末NY引けまで、2日間+αの動きです。

  • 発表時(NYタイム、日本時間午前4時):117.22
  • ピーク(翌金曜NYタイム、日本時間午前1時):119.62
  • FOMC発表後週末NY引けまでの値幅:258pips
  • 発表後の動き
    • 発表後1時間の初動で159pips上昇
    • 翌木曜東京タイムで調整があったものの、週末NY引けにかけて利確を交えながら137pips上昇
    • ほぼ上げたまま週末を迎えた

今年の12月FOMCは...

過去3年(2014-2016年)の12月FOMCの結果を見ると、3回とも結果はドルにポジティブな内容でしたが、2014年は上昇、2015年と2016年は下落でした。もちろん、日銀やFOMC前までの動きなどいろいろな要素が絡まって方向が決まるのですが、「ポジティブな内容=ドル円上昇」と一筋縄ではいかないようです。

こればっかりは、事前に上だ下だと決めず、動いた方向にのるしかないと思います。

 

発表は、日本時間は14日(木)の午前4時です。最初のひと回りの動きとしては、

  • NYタイムは:発表後2時間程度(日本時間14日午前4-6時頃)が勝負
  • 東京タイム:入りと午後入り、引け前と3回程度勝負タイミングがありそう
  • ロンドンタイム:入りが最初の勝負(初動後リバースの場合もアリ)

といった流れが予想されますが、翌15日(金)は、クリスマス休暇前のポジション調整や手仕舞いが入りやすいです。

今回は、日銀総裁の会見は12月21日(木)なので、14-15日ではないです。

 

過去3年の12月FOMCを見ると、

  • FOMC発表から週末NY引けまで、値幅は251-344pipsと、結構ボラティリティはでかい
  • 初動が一番でかい
  • 翌日東京タイムの動きは控えめ

というような傾向はあるので、これは頭にいれつつ、動きについていく感じだと思います。

 

114-115円あたりを目指すというアナリスト分析が多いようですが、果たしてサプライズ出るか。

 

テクニカル状況(動いたときのターゲットなど)の最終確認は、また明日書きたいと思います。

 

今年最後のビッグイベント、楽しみに待ちたいですね。

 

では!

 

今週から無料メルマガ、限定記事やいろんな企画など、スタートする予定なので、よろしければ登録お待ちしてます(⌒∇⌒)

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

 

★無料メルマガ登録はこちら

  • メルマガ限定記事
  • メルマガ限定特別トレード講座
  • ブログ更新情報
  • メルマガ限定情報

などをお送りします!ポイント達成スペシャルプレゼント(無料)なども予定しています!

登録はこちら

-ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2018 All Rights Reserved.