FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

ユーロ円

ユーロ円、もしかして↑の兆し?

投稿日:

 

ユーロ円、ダブルトップのネックラインを何度もトライしながら割れず(ダブルトップはネックラインを割り込んでローソク足が確定しないと成立しません)、逆に上へ向かいそうな兆しも出てきました。

まだレンジの中なので決め打ちはできないですが、もしかしたら初動かもしれないので、ここはフレキシブルに対応していきたいですね。

 

 

お馴染みの月足チャートです。

巨大なトライアングルの中で、X-Yの61.8%戻しに到達しています。

昨年6月の底値(Y)からの1年4ヶ月に渡る上昇が、そろそろ一服してもよさそうなテクニカルポイントではあります。

 

 

週足チャートです。

今年4月のフランス総選挙で窓を開けて以来、窓を埋めることなく、13週MA(緑のライン)をサポートにずっと上昇を続けてます。

 

週足チャートでよく使われる移動平均線は

  • 5SMA(約1ヶ月)
  • 13SMA(約3ヶ月)
  • 26SMA(約半年)
  • 52SMA(約1年)

などです。

 

ここ3週続けて終値でこの13週MAを割り込まず、逆にいま生成中のローソク足が、ここ2週の高値を更新してきました。

再度高値追いの流れに回帰したかもしれません。

もちろんまだボックスの中なので決め打ちは早計ですが、兆しのひとつではあります。

儲かるトレードって、このような「まだ」の状態の中に「兆し」を見つけることから始まることが多いので、ここはいくつかシナリオを描いておいて、少しずつ入れてみるのも手かと。

 

もし↑だとするとすると、まずダブルトップの134.50でトリプルトップを形成するかどうか、またそこで2Bなどのリバーサルパターンが出てこないかどうか。

抜ければ、昨年6月安値を起点とする波動の3波161.8%(138.48)や、トライアングルの上辺がターゲットになります。

さすがにこれだけ巨大なトライアングルはスルッとは抜けないと思うので、その手前あたりまでで。

このシナリオだと、300pips以上の利益は狙えますね。

仮にそうなるとすると、ドル円かユーロドルのどちらかが、すごく上を目指す必要があるんですが、さて。

 

 

日足チャートです。

ネックライン、本当に割れなかったですね。

逆に13週MA(緑のギザギザの線)をサポートに、上昇へ転じてきました。

とはいえまだボックスの中なので、上だと決め打ちはできないですが。

 

ただ、直近を見ると、4本前と5本前のローソク足が、ネックラインで2本下ヒゲを残し、ひとつ前のスイングの高値を更新してきました。

目先は、買いからはいってみたいかな?という形になりました。

エントリーは、さすがに高値追いはリスクが高いので、移動平均線を使った押し目か、短いタイムフレームでのパターンブレイク狙いが、オーソドックスかと思います。

 

 

4時間足チャートです。

先ほどの長い陽線で、ひとつ前の高値を抜けました。

ローソク足>右上がりの5SMA>右上がりの20SMA

になってます。

オシレーターもダイバージェンス出てないですし、もう一度高値は更新してきそう。

撤退ラインは、インナートレンドラインと20SMAを割ってローソク足が確定したら、ですね。

 

 

まだボックスの中なので、とりあえずエントリーは1時間足チャートくらいがいいですね。

移動平均線が上から1時間足5SMA>1時間足20SMA>4時間足20SMAの並び順で、全て右上がり

なので、1時間足ではトレンドが出ていそうです。

 

エントリー方法は、

  • 5/20SMAのグランビル
  • 15~30分足でパターンブレイク
  • ライントレーダーなら、チャネルのリテストで入れて、ダブル狙い
  • 短いタイムフレームとクロスさせて、平均足やDIクロス、パラボリックなどのインジケーターを使って

など、たくさん方法が考えられると思います。

 

重要なのは、エントリー時から、「こうなったら必ずエグジット」(利益が出ていても、出ていなくても)というのをはじめから決めておき、それを守ることです。

 

今週はまだまだ要人発言とか出てきます。上手く乗って、しっかり利益をキープしたいですね。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

-ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.