FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

トレード手法 ドル円

【トレード手法】ブレイクアウトに乗り遅れたときの「鉄板」エントリー方法(今日のドル円)

投稿日:2017年11月1日

 

11月になりました。今夜からイベントラッシュ、流れが出来たら乗ってみたいですね。

今日は、ブレイクアウトに乗り遅れたときの「鉄板」エントリー方法、ドル円でいい題材がありました。結構よく出てくるので、覚えておくと役立つエントリー方法です。

 

 

15分足チャート、デイトレです。

 

昨日のNYタイムからペナントを形成し、今日の東京タイムにブレイクアウトしました。

15分足チャートブレイクアウトの場合、1時間足20SMAが参考になることが多いです。上のチャートでは、15分足チャートに、1時間足20SMAをマルチタイムフレームで表示させてます(ギザギザの緑色の線)。

  • 1時間足20SMAが右上がり
  • ローソク足が1時間足20SMAより上にある

という状態なので、上方向のブレイクアウトは「上昇トレンド中の踊り場」となることが多いです。

 

ブレイクアウトは、

ローソク足が確定したら、次のローソク足の始値でエントリー

というのが一般的ですが、見逃した場合や、もともとブレイクアウトでは予定の半ポジくらいしかエントリーしないで、次のエントリータイミングからピラミッディングしていくトレーダーも多いと思います。

 

ブレイクアウトの場合、レジスタンスをブレイクすると、レジスタンスがサポートに切り替わることが多いので、ブレイクアウトしたラインに一旦戻ることが、結構あります。

これを「リテスト」といいますが、リテストは、とても有利なエントリーが出来るポイントとして有名です。

 

今日のドル円はとても分かりやすく、リテストのところで「下ヒゲハンマーのローソク足」が出ました(黄色い丸)。しかも右上がりの1時間足20SMAに近いです。これは鉄板です。

 

具体的なトレードは、15分足デイトレで細かくやると、こんな感じが一例。

黄色い丸のハンマー足の安値は113.73なので、ストップを置く場所は、113.70。

次の足の始値は113.83なので、スプレッド入れて113.85でエントリー。

ストップ幅は15pips、114.00でリスクリワード比1:1、114.15で1:2です。

1~2%の許容ロスにしておけば、114.15リミットで許容ロスに対し倍の利益で、資金が2~4%増加します。

リスクリワード比1:1となる114.00でブレークイーブンにトレーリングしたり、ポジションの一部を利食いしておくなど、リスク低減措置もあります。

で、もうリミットに到達してますね。1回のトレードで資金が2~4%も増えれば、ものすごく効率がいいです。

 

このように、リテストのポイントでシグナルを発見し(今日の場合はハンマー足)、さらにもうひとつ追加サポート材料が見つけられれば(今日の場合は1時間足20SMAが右上がりで、ローソク足がその上)、鉄板のエントリーポイントになることが多いです。

リテストの場合は、ストップ幅を比較的狭くすることができるので、大きめのロットを入れられます。リスクリワード比をしっかり取れば、効率のいいトレードができますね。

 

リテストは、どの通貨ペア、どのタイムフレームでも出てきますし、ラインは水平線だけでなく、移動平均線や、トレンドラインなどのこともあります。直近のドル円では、転換線や基準線なんかがそうですね。

 

先月のドル円の日足チャート。トレンドラインのリテスト。

 

これは有名ですが、月足でも。トレンドラインのリテスト。

 

先日のポンド円。ブレイクアウト後のサポレジリテスト。

 

先日のポンドドル。トレンドラインのリテストで、分かりやすい2バー。

 

ユーロ円、ダブルトップのネックラインリテスト。

 

たくさん見つかりますね。

 

もちろん、リテストなく、ブレイクアウトしたらそのまま行ってしまうこともありますが、その時はまた次のチャンスを待てばいいんです。

ブレイクアウトは勝率が高くなく、やられてしまうことも多いので、どうしても躊躇してしまうトレーダーも多いと思いますが、このようなポイントを見つけ、いくつかサポート材料をみつけることができれば、効率のいいトレードにすることができます。ブレイクアウトの恐怖、ちょっとなくなってきませんか?

 

今週残りのイベントラッシュ、いいトレードになるといいですね。

 

では!

 

日々のテクニカルやポジションなどは、ツイッターの方で。

-トレード手法, ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.