FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

ユーロ円

ユーロ円のサポレジ(サポート&レジスタンス)、ここで買いか、20SMA・フィボナッチで戻り売りか?

投稿日:2017年10月16日

今日はユーロ円で、いい感じのサポレジ(サポート&レジスタンス)がありました。

  • 主要サポレジ
  • トレンドライン
  • チャートパターン
  • 主要移動平均線

などでよく出てくる形なので、ちょっと題材にしてみます。

まずオーバービューから。

 

 

月足チャート

現在のユーロ円は、こんな感じで、巨大なトライアングルを形成しています。

 

 

週足チャート

重要なテクニカルポイント

X-Yのフィボナッチ61.8戻し(水色の丸)を達成し、4週続けて足踏み状態ですが、

5週線(オレンジの線、約1ヶ月)、13週線(緑の線、約3ヶ月)

共にまだ右上がりで、ローソク足はその上にあります。

並び順も、上が5週MA、下が13週MA。

大きな流れは、引き続き上方向です。

 

 

日足チャート

 

この半年で2000pipsも上昇した割には、まだ250pips程度しか下げてません。

仮に23.6%調整したとしても、約500pips、130円割れあたりまであります。

そのあたりまで下げたとしても、この上昇トレンドは崩れません。

 

現時点でトレンドラインと20日線を割り込んできてますが、

ヒドゥンダイバージェンスになりそうで

フラッグを作って、もう一度上をトライしそうなビジュアルです。

 

ただ、↑と決めつけはハイリスクなので、

リスクを低減させるのであれば、

ローソク足が20日線より再度上に出るとか、

5日線と20日線のゴールデンクロスを見てから、とかになりますね。

 

 

4時間足チャート、今日の題材はここです。

 

直近のチャートでは、

131.70あたりに、何度もサポレジになっているラインが引けます。

9月22日に高値(134.40)を付けた後も、

3回続けてこのラインで下げ止まって、上へ跳ね返ってます(赤い矢印)

そして今日、またこのラインまで下げて来て(青い矢印)

9月22日安値より10pips程割り込みましたが、

結局ヒゲを残し、まだ割り込んでません。

 

近いブレイクアウトであれば、いま含み損です。

ブレイクアウトの場合、ローソク足は確定を待った方が、リスクは減らせます。

もちろん、そのまま大きく伸びた場合は、初動は取れません。

ハイリスクハイリターンで初動から狙うか、

ダマシを避け、戻りを狙うか。

ブレイクアウトの初動の戻りは、確率が比較的いいトレードができることで有名です。

ブレイクアウトしなければ、ポジらないので。

初動から行きたい人は、半々とか、1/4ずつチョロチョロ入れてくとか、

いろいろやり方がありますね。

ブレイクアウトは、オールオアナッシングではなくて、

分割していった方がいいことが多いです。

 

仮に、このチャートで131.70をローソク足終値でしっかりブレイクしていった場合、

チャネルあたりまで狙えるかもしれないので、結構大きいですね。

 

 

より精度を上げるためには、さらに短いタイムフレームを見るといいです。

ただ、5分足とか15分足とか、短すぎると、

フェイクブレイクを拾ってしまいがちになるので、

30分足とか、1時間足とかの方が、見やすいことが多いです。

 

この1時間足チャートを見ると、

131.70のサポートラインのところで、下ヒゲの方が長い十字線ですね。

これは、リバーサルキャンドルです。

オシレーターがこの位置で、サポレジでこの足は、追従しない方がいいってやつです。

 

では、ここでどうするか。

十字線では、まだオシレーターはダイバージェンスになってないので、

もう一度下値を更新していくかもしれないです。

一度は、戻り売りができるかも。

 

黄色い丸のところで、

20日線、4時間足20SMA、1時間足20SMAが収束→拡散してます。

この放れは、ブレイクアウトを示す移動平均線のパターンで

1時間足20SMAまでの戻りは、3回着実に売られてます。

では20SMAで売るか。ここはよく見た方がいいです。

次にこのラインに当たったら4回目、ちょっと抜けるかも。

なので、ここは5SMAなどを表示させてデッドクロスとか、

もしくは11日高値からのフィボナッチ236・382あたりで待ち伏せしてみるのもいいですね。

 

この段階で買いを入れるのは、

移動平均線のグランビルの法則では、

トレンド末期かどうかはわからない状態での最初のゴールデンクロスでの買いは、

上手くいけば利益が一番大きいが、リスクも最も大きい

というやつです。まだ基本、流れは下方向です。

 

さぁ、ここをどうするか。

反転と見立てて買いを入れるか。(その場合はワンスイング見た方がいいですが)

上で待ち伏せして、ダイバー狙い・もしくはブレイク狙いで売り落としてみるか。

トレードが、楽しくなってきますね。

 

では、いいトレードを!

-ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.