FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

FXの基本 トレード手法 ユーロポンド

クロス円のトレードに役立つ、簡単な方法

投稿日:

いまのドル円はレンジ相場で、

上がったと思ったら下がり、下がったと思えば上がる。

いまのチャートは、そんな感じです。

ちょっとやりにくいですね。

 

そこで、クロス円に目が向くと思いますが、

どの通貨ペアにするか。例えば

「ユーロ円とポンド円、どっちにしようか?」

という場面です。

 

もちろん、テクニカルで分かりやすい方をトレードすればいいですが、

ユーロ円をロングしているときに、ポンド円がすごく伸びて、

「ポンド円のロングの方にしとけばよかった...」

ポンド円をショートしているときに、ユーロ円がすごく下落して、

「ユーロ円のショートの方にしとけばよかった...」

ということ、あると思います。

 

そんな時に、どちらの通貨ペアの方がパフォーマンス期待値が高いか

はじめから簡単に判別できる方法があります。

 

例として、ユーロとポンド。

相場全体の流れから連動して動くことも多いですが、

ブレクジット、イギリスのEU離脱から、独自路線を進むことも多くなりました。

そのような時は、ユーロポンドのチャートを見ます。

 

 

今は、こんな感じです。

分かりやすいですね、ブレイクアウトして、アップトレンドです。

このような場面では、ユーロの方がポンドより強いので、

ロングの場合は、ポンド円よりユーロ円の方が、

パフォーマンス期待値が高くなります。

(ショートの場合は逆になります)

 

もちろんこのチャートを見て、ユーロポンドを直接トレードしてもいいですが、

ユーロポンドはピップバリューも高く、特徴的な動きをすることが多いので、

トレード難易度が比較的高いです。

 

やはり、

ドルストレートで、ユーロドル・ポンドドル

クロス円で、ユーロ円・ポンド円

の方が、やりやすいことが多いです。

 

このチャートだったら、

  • ロングを狙う場面であれば、ユーロドル・ユーロ円
  • ショートを狙う場面であれば、ポンドドル・ポンド円

になりますね。

 

また、ユーロポンドが、フィボナッチやサポレジ、トレンドラインなど

重要なテクニカルポイントに近づいているときは、

「そろそろユーロとポンドのバランス転換があるかも?」

ということになります。

 

もちろん相場に100%はありませんが、

この方法は、比較的ポピュラーで、プロトレーダーでもよく使っているです。

  • ユーロ円/ポンド円
  • ユーロドル/ポンドドル
  • 豪ドル円/NZドル円
  • 豪ドル米ドル/NZドル米ドル

などの選択の時に使えるので、覚えておくといいと思います。

豪ドル or NZドルの時は、豪ドルNZドルのチャートを見ればいいです。

 

では、今夜もいいトレードを!

-FXの基本, トレード手法, ユーロポンド

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.