FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

ポンド円 ユーロポンド ユーロ円

ユーロ円とポンド円が入れ替わる?やっとポンド円の時代が...

投稿日:

今年4月のフランス総選挙以降、

ずっと「ユーロ>ポンド」の図式が定着し

ポンド円のパフォーマンスも、ユーロ円の陰に隠れがちでしたが、

ついに入れ替わりが来るかも。

 

ユーロ円かポンド円かは、ユーロポンドを見ろ

というのは有名(というか当たり前)な話ですが、

今年春から一方向に動いてきたユーロポンドに動きが出そう。

 

ユーロポンドは

ピップバリューが高い上に、トリッキーな動きをするので

直接のトレードは難易度が高いですが

ユーロ円かポンド円か、という時に絶大。

 

ユーロポンドが上昇トレンドならば、

  • 買いの場合:ポンド円よりユーロ円
  • 売りの場合:ユーロ円よりポンド円

の方が、パフォーマンスが期待できる。

 

ユーロポンドが下落トレンドならば、

  • 買いの場合:ユーロ円よりポンド円
  • 売りの場合:ポンド円よりユーロ円

の方が、パフォーマンスが期待できる。

 

 

週足チャート

今週このあたりの値位置でクローズすると

ローソク足が上ヒゲハンマー足か十字線になります。

昨年10月高値のレジスタンスで、リカクの区切りが出るにはいい位置。

ADXもかなり数値です。

7月のボックスブレイクから400pipsほど上げましたが、

そろそろ調整になるかもしれません。

 

 

日足チャート

「昨年10月高値+チャネルライン」

という強いレジスタンスで、上ヒゲ十字線が出ました(黄色い丸)

 

トレンド末期に出現する十字線は転換示唆ですが、

  • 上昇トレンド末期で、上ヒゲの方が長い
  • 下落トレンド末期で、下ヒゲの方が長い

と、より一層信憑性は高いものとなります。

 

今回は、上昇トレンド末期で、上ヒゲ十字線。

ウェッジも、先端が細まってました。

このままだと、ADXも高い位置で下向き転換しそう。

 

今年4月18日安値から1000pips上昇してきたので

20日線・トレンドラインかフィボナッチ23.6・38.2あたりまで

調整になるかも。

 

結論は一番下に!

 

会員サイトでスクール生の方と共有してリアルタイム公開しているポジション

7-8月決済分(+1,116pips)

  • ドル円:+55pips(7月4日買い、7月5日決済)
  • ポンド円:+42pips(7月12日買い、7月13日決済)
  • ドル円:+66pips(7月12日売り、7月14日決済)
  • 豪ドル米ドル:+178pips(7月5日0.7582買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+186pips(7月5日0.7574買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+171pips(7月5日0.7589買い、7月14日0.7760決済)
  • ドルカナダ:+106pips(7月12日1.2826売り、7月14日1.2720決済)
  • ドル円:+115pips(7月17日112.80売り、7月19日111.65決済)
  • ドル円:±0pips(7月19日111.65買い、7月20日建値ストップ)
  • ユーロ円:±0pips(7月24日129.50売り、7月24日建値ストップ)
  • ポンド円:+75pips(7月24日144.25買い、7月24日145.00リミット)
  • ドル円:±0pips(8月2日110.35買い、8月2日建値ストップ)
  • ドル円:-44pips(8月7日110.74買い、8月9日SL)
  • ドル円:±0pips(8月8日110.30買い、8月9日建値ストップ)
  • ポンド円:+60pips(8月9日143.20売り、8月9日142.60決済)
  • ユーロドル:+44pips(8月28日1.1957買い、8月29日1.2001決済)
  • ユーロドル:+62pips(8月28日1.1966買い、8月29日1.2028決済)

現在保有中

  • ドル円:8月30日109.77買い
  • ドル円:8月30日109.97買い
  • ポンド円:8月30日142.04買い
  • ポンド円:8月30日141.90買い

 

動いてきたら、ツイッターの方で。

→ @FX_wiki_com

 

無料メルマガにご登録いただくと、無料レッスンや、無料メルマガ登録の方限定記事が読めます。

ときどき、トレードプランや保有ポジションが届いたりもします^^

このブログのチャートで使っている、MTF(マルチタイムフレーム)インジケーターも

無料でプレゼントしてます。

→ 登録はコチラ

 

*サポートはいま切り替えを行っているので、しばらくお待ちください!

 

結論

 

上昇を続けてきたユーロポンドが、調整に転換するかも。

 

ということは、今年4月以降

  • 買いならポンド円よりユーロ円
  • 売りならユーロ円よりポンド円

という流れが続いてきましたが、逆転するかも。

(現在の買いは、ユーロ円よりポンド円の方が、パフォーマンス期待値が高い)

 

ただしその流れは、ユーロポンドが

20日線・トレンドライン・フィボナッチポイントに到達するまで。

-ポンド円, ユーロポンド, ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.