FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

トレード手法 ドル円

ドル円、十字線のエントリー方法

投稿日:2017年8月17日

 

 

 

今日のトピック

 

ファンダメンタル

  • 休み明け(本格参入は来週からのところが多い)
  • 7月まで一方的に続いたドル売りの調整も
  • ジャクソンホール・シンポジウム前
  • 週明け21日に地政学リスク
  • 今日明日はたいした経済指標の発表がない

テクニカル

  • 7月高値からの下落38.2%が昨日のレジスタンス
  • 今日のローソク足は下ヒゲ陽線になるか?
  • 一目均衡表転換線がレジスタンスからサポートに転換
  • 7月高値からのダウントレンドラインをブレイク
  • 4時間足、ダウントレンドラインのリテストで下ヒゲ十字線

 

そして結論は、この記事の一番下に!

 

週足

 

 

MACDはまだゼロ、週足ではレンジ相場が続いています。

 

今週のローソク足は、いまのところ

前週安値を切り下げず、前週高値をやや切り上げ。

このまま5週ぶりの「安値・高値切り上げ」になれば、

ダウ理論では下落トレンド一服です。

 

では上昇転換?かというと、

現時点では、ローソク足はまだ52週線(赤い線、110.42)より下、

「サポレジのリテスト」もしくは「サポートでのもみ合い」の域を出てないです。

明日終値がこのラインより上か下かで、見かたが結構変わります。

 

日足

 

 

昨日の高値は、

  • A-Bの38.2%戻し
  • 25日線(紫の線)
  • 111.00(ラウンドナンバー)

のトリプルテクニカルポイント。

 

このように、複数のテクニカルが重なるポイントは、

強力なサポレジ(サポート・レジスタンス)になり、

戻り売りオーダーが待っていることが多いので、1回でスルッと抜けにくいです。

 

今日のローソク足はとても重要で、

現時点では下ヒゲハンマーになってますが、

ローソク足の確定で分かりやすい陰線になれば、明日も売りから、

 

このまま下ヒゲハンマーか下ヒゲ陽線になれば、明日は買いから。

この場合、昨日高値更新になりやすいです。

明日の朝イチ、今日のローソク足を確認してからですね。

 

日足(一目均衡表)

 

 

まだ今日のローソク足が確定してませんが、

このままいけば転換線(赤い線)を上抜け後のリテスト完了、

基準線(今日は111.15)へ向けた上昇が考えられます。

明日は基準線が下がってくるので、そんなに幅はないですが、

買いを入れるのであれば、そのあたりがターゲットになりそう。

 

4時間足

 

 

日足のところでも書いた用に、昨日は

  • 7月高値からの下落の38.2%戻し
  • 25日線
  • ラウンドナンバー手前(111.00)

という、3つのテクニカルが重なる強力なレジスタンスで、

上昇が止められ、下落に転じました。

 

戻り売り組が、一斉にここで待っていたということですね。

ダイバージェンスにもなっているので、売りやすかったですね。

  • トランプ大統領がフォーラムを解散した
  • FOMC議事録がハト派で売られた

などというファンダメンタル環境もありますが、

得てしてちょうどこのようなテクニカルポイントで出るものです。

 

まさに、ダウ理論でいう

テクニカルは全ての事象を織り込む

とは、こういうことだと思います。

 

今日は、黄色の丸のところで、十字線が出ました。

下のヒゲの方が長く、明けの明星にもなってます。

 

この十字線が出た場所は、ダウントレンドラインのリテストポイントです。

テクニカルポイントで出る十字線は意味があります。

  • 下落後に出る下ヒゲ十字線は、上昇転換示唆
  • 上昇後に出る上ヒゲ十字線は、下落転換示唆

です。

 

今回の場合、どうエントリーに使うかというと、

ヒゲの少し下にストップを置き、

  1. 次の足の始値で買い
  2. 十字線の高値超えで買い
  3. 1本待って、効くのを確認してから2本目の始値で買い

のどれかです。

どれも、今のところ20~30pips程度の利益が出ていると思います。

 

結論は一番下に!

 

1週間お休みをいただきましたが(サポートは週明けからです)、

来週あたりから相場が動き出しそうですね。

 

7月末の3日間のFX漬けのトレードキャンプ、

1日8時間のスパルタトレーニングでしたが、

いろいろな国の方がいらして、とても楽しかったです。

 

これから秋相場へ向かい、大きなトレードチャンスが次々にやってきます。

例年そうですが、夏にしっかり準備をした人だけが、大きく儲けられます。

 

サッカー・野球や陸上など、秋から大きな大会や公式戦が続くので、

夏合宿などで、とにかく夏にいかに力をつけられるか、が勝負になってきます。

ウィンタースポーツもそうですね。

スキー、スケート...みなさん、夏合宿でトレーニングを積んでます。

 

秋相場へ向けたトレードキャンプのトレーニング、

とてもいいカリキュラムになっているので、近日メルマガでご紹介しますね^^

 

会員サイトでスクール生の方と共有してリアルタイム公開しているポジション

7-8月決済分(+1,010pips)

  • ドル円:+55pips(7月4日買い、7月5日決済)
  • ポンド円:+42pips(7月12日買い、7月13日決済)
  • ドル円:+66pips(7月12日売り、7月14日決済)
  • 豪ドル米ドル:+178pips(7月5日0.7582買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+186pips(7月5日0.7574買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+171pips(7月5日0.7589買い、7月14日0.7760決済)
  • ドルカナダ:+106pips(7月12日1.2826売り、7月14日1.2720決済)
  • ドル円:+115pips(7月17日112.80売り、7月19日111.65決済)
  • ドル円:±0pips(7月19日111.65買い、7月20日建値ストップ)
  • ユーロ円:±0pips(7月24日129.50売り、7月24日建値ストップ)
  • ポンド円:+75pips(7月24日144.25買い、7月24日145.00リミット)
  • ドル円:±0pips(8月2日110.35買い、8月2日建値ストップ)
  • ドル円:-44pips(8月7日110.74買い、8月9日SL)
  • ドル円:±0pips(8月8日110.30買い、8月9日建値ストップ)
  • ポンド円:+60pips(8月9日143.20売り、8月9日142.60決済)

現在保有中

  • なし

 

動いてきたら、ツイッターの方で。

→ @FX_wiki_com

 

無料メルマガにご登録いただくと、無料レッスンや、無料メルマガ登録の方限定記事が読めます。

ときどき、トレードプランや保有ポジションが届いたりもします^^

このブログのチャートで使っている、MTF(マルチタイムフレーム)インジケーターも

無料でプレゼントしてます。

→ 登録はコチラ

 

結論

 

今週のドル円は上昇してますが、

まだ「先週までの下落に対する買い戻し」の域を出ていないと思います。

週明けには地政学リスクが控え、トランプ砲がいつ出てくるか分かりません。

上がったら売りが出てくるので、

買いを入れる場合は、テクニカルターゲットでしっかりエグジットするなど

コマメなリカクが安全ですね。

 

エントリーは、

  • 先週安値のような下ヒゲ、
  • 昨日高値のような、テクニカルレジスタンスで3本ヒゲなど、

分かりやすいところに絞った方が、リスクが少ないと思います。

 

  1. 今週の上昇は、先週までの下落に対する買い戻し、まだ新たな流れとは判断しにくい
  2. ファンダメンタルが不安定(トランプ政権、地政学リスク)
  3. 買いポジは、基準線・25日線もしくは昨日高値からの61.8(110.45)で一旦エグジット、抜けたらリテストで(コマメにリカク)
  4. ここからエントリーであれば、分かりやすいところだけ
  5. この後、先週安値から上昇の61.8%戻し(109.57)近辺まであれば、打診買い
  6. 週末持ち越しは避ける

-トレード手法, ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.