FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

ドル円

ドル円、やはり105円?

投稿日:2017年8月10日

 

 

今日のトピック

 

ファンダメンタル

  • お盆休み・夏休み期間で市場参加者少ない(値が動かない・値が飛びやすい・何かあると大きく動く)
  • 明日日本は祝日、お盆休み入り
  • 米朝間緊張によるリスク回避(有事のドル買い、リスク回避の円買い)
  • ジャクソンホール・シンポジウムまであと2週間
  • 7月まで一方的に続いたドル売りの調整も

テクニカル

  • 2週続けて値幅狭い
  • 非常に重要ななサポート「52週線」を今のところ割れている(週足終値で割れたら一大事!)
  • 20日線が右下がり、ローソク足は20日線の下
  • 4日連続高値切り下げ
  • 一目均衡表転換線がきれいなレジスタンス

 

そして結論は、この記事の一番下に!

 

週足

 

 

ものすごく下がってる感ありますが

実際は今週の値幅はまだわずか136pips(先週は120pips)

トランプ相場の時は1週間に3~400pipsは当たり前に動いてたので、

値幅が狭いです。

こういう時は、ブレイクアウトで大きく動き出すもの。

来週までの夏休み期間中に、何か起きて大きく動くのか、

それとも、2週間後に控えるジャクソンホール・シンポジウムから動くのか。

楽しみですね。

 

とはいえこのままいけば、4週連続「高値・安値切り下げ」

ダウ理論の定義では下落トレンド継続です。

52週線(赤い線)、ローソク足はいま既に割れた状態ですが、

このまま明日割れたままで引けたら、

テクニカル的にはサポートブレイクになり、さらに下値余地が拡大します。

そうしたら、まずは年初来安値、108.13がターゲット。

それをも割れたらピンク点線のチャネルが成立するので、

チャネル下限105円あたりまで、さらに下げていくかもしれません。

 

日足

 

 

4日連続高値切り下げ。前日高値抜けを見るまでは、買いは待ちで、

まだ売りから入った方がよさそう。

 

トリプルテクニカルポイント

  • A-Bの78.6%戻し
  • 110.00のラウンドナンバー
  • 52週線(赤のギザギザの線)

を割り込んで今週引けるようだと、

一応下に角度の緩いトレンドラインがありますが、

その下の年初来安値(4月17日安値、108.13)の方が

ターゲットとして分かりやすいです。

それも割り込んだら、一気に下へ行くかも。

 

日足(一目均衡表)

 

 

4日連続で転換線(赤い線)で頭打ち。

転換線まで上げたら売れって話。

転換線を上へ抜けるまでは、買いから入るのは待った方がいいかも。

 

4時間足

 

 

約1ヶ月で500pips下げましたが、

この2週間は、だいぶ値動きが緩やかになってきています。

次に安値を更新するとダイバージェンスになりそうですが、

ダウントレンドライン・右下がりの20日線(青いギザギザの線)

を上へ抜けるまでは買いは待ちの形です。

 

結論は一番下に!

 

7月末の3日間のFX漬けのトレードキャンプ、

1日8時間のスパルタトレーニングでしたが、

いろいろな国の方がいらして、とても楽しかったです。

 

これから秋相場へ向かい、大きなトレードチャンスが次々にやってきます。

例年そうですが、夏にしっかり準備をした人だけが、大きく儲けられます。

 

サッカー・野球や陸上など、秋から大きな大会や公式戦が続くので、

夏合宿などで、とにかく夏にいかに力をつけられるか、が勝負になってきます。

ウィンタースポーツもそうですね。

スキー、スケート...みなさん、夏合宿でトレーニングを積んでます。

 

秋相場へ向けたトレードキャンプのトレーニング、

とてもいいカリキュラムになっているので、近日メルマガでご紹介しますね^^

 

 

会員サイトでスクール生の方と共有してリアルタイム公開しているポジション

7-8月決済分(+1,010pips)

  • ドル円:+55pips(7月4日買い、7月5日決済)
  • ポンド円:+42pips(7月12日買い、7月13日決済)
  • ドル円:+66pips(7月12日売り、7月14日決済)
  • 豪ドル米ドル:+178pips(7月5日0.7582買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+186pips(7月5日0.7574買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+171pips(7月5日0.7589買い、7月14日0.7760決済)
  • ドルカナダ:+106pips(7月12日1.2826売り、7月14日1.2720決済)
  • ドル円:+115pips(7月17日112.80売り、7月19日111.65決済)
  • ドル円:±0pips(7月19日111.65買い、7月20日建値ストップ)
  • ユーロ円:±0pips(7月24日129.50売り、7月24日建値ストップ)
  • ポンド円:+75pips(7月24日144.25買い、7月24日145.00リミット)
  • ドル円:±0pips(8月2日110.35買い、8月2日建値ストップ)
  • ドル円:-44pips(8月7日110.74買い、8月9日SL)
  • ドル円:±0pips(8月8日110.30買い、8月9日建値ストップ)
  • ポンド円:+60pips(8月9日143.20売り、8月9日142.60決済)

現在保有中

  • なし

 

動いてきたら、ツイッターの方で。

→ @FX_wiki_com

 

無料メルマガにご登録いただくと、無料レッスンや、無料メルマガ登録の方限定記事が読めます。

ときどき、トレードプランや保有ポジションが届いたりもします^^

このブログのチャートで使っている、MTF(マルチタイムフレーム)インジケーターも

無料でプレゼントしてます。

→ 登録はコチラ

 

結論

 

  1. 明日終値で52週線を割れて引けたら、来週以降さらなる下落も
  2. 売りと言っても、まだ値幅が狭いので、ブレイクアウトエントリーはきつい
  3. 戻り売り(転換線・7月高値からのフィボナッチ・20日線などのレジスタンス)
  4. 買いは少なくとも下落トレンドライン・転換線・前日高値を抜けるまでは待ち

-ドル円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.