FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

ユーロ円

ユーロ円、まだ買えますか?

投稿日:

 

クアラルンプール、KLといえばやはりこの風景、ペトロナスツインタワーでしょうか。

FXトレーダーのみなさん、こんにちは。日本は3連休ですね!

 

金曜のNYタイムは、アメリカの経済指標の結果が悪くて、ずいぶん動きましたね!

米CPI(消費者物価指数)と米小売売上高で、ここまで米雇用統計以上に動くのは珍しいです。

そこまで大きく動くか?という数値ですが、

米雇用統計は完全マークされているんですが、昨日の指標はマークが甘かったのか、

それともバケーションシーズン前のドル買いポジションの整理か。

 

いずれにせよ、ドル円クロス円の「目をつぶって買い」の流れは、

一旦終わったと思いますので、ここからのトレードは慎重にやった方がいいです。

こういう時は結構テクニカルが効くので、

日足以下、4時間足や1時間足を組み合わせてトレードすると、やりやすいことが多いです。

 

今日は、7月20日(木)にECB理事会を控えるユーロ円です。

テーパリング出口戦略へ?の予感が漂う(しかし失望すればデカイ)ユーロと、緩和継続の円。

金利から見ると、キャリー対象一直線ですが、さて。

今週の注目株です。

 

 

月足チャートは、日々のトレードに、というよりは、大きな流れと、重要なサポレジを確認する用です。

大きなトライアングル、まだ今月半分ありますが、X-Yのちょうど真ん中で上ヒゲ。

この4ヶ月で、一直線に1600pips上昇。そろそろ一服あってもいい位置。

自分が巨大なファンマネだったら(今は「巨大」ではないので)、

仮にX-Yの61.8%戻し134.39まで狙ってるとしても、

夏休み前に、間違いなくこのあたり少しずつリカクしていくと思います。

ここからガンガンに仕掛けていくのではなく、そういう位置と時期。

 

月足チャートからは、

ここからガンガンに上げてく位置とタイミングかどうかは、ちょっと微妙

という感じです。

 

 

週足チャート

フィボナッチ的には、

水色の丸X-Y38.2で一度反応(7週連続でレジスタンスになった後に抜けた)しているので、

次は黄色い丸61.8を目指すというのがあるのですが

X-Yの半値戻し、'Y-A'='B-C'の両方のターゲット、両方到達しています。

 

今のところまだ基本↑目線、X-Yの61.8%戻し134.39狙いとしても、

この時期で、このまま一直線に上がり続けるというより

  • Aを通るチャネルのリテスト
  • Cで一旦天井か、もう一度トライしてダブルトップ後、Y-Cの38.2くらい調整

なんかがあった方が、チャート的にはキレイ。

 

という訳で、週足チャートでは、もう少し調整があってもいいんじゃないの?

というニオイがしますが、さて。

 

 

日足チャート

X-Yの23.6%戻しで2日連続して十字線、というのは、どう判断するか。

ユーロ円はずっとダラダラ上昇し続けてるので、

このX-Yというフィボナッチの取り方は、あまり強くないんですよね。

 

20日線(いま127.56)とトレンドライン(いま126.07)、これは重要。

この2つをを割れない限りは、基本上昇トレンド継続で、

この2つに接近する場面があれば、押し目買いが出やすいです。

これらのラインで押し目買い入れてみて、もし割れたらすぐ切っちゃえばいいので、

リスクがちいさくて、リワードが取れるポイントなんです。

 

Yが夏休み前の目先の天井になるかどうかは、ダイバージェンスが出てないので、まだ微妙。

ダイバーになってから落ちた方がチャート的にはキレイなので、

もう一度トライするというシナリオもあり。

 

じゃあ、今すぐ成行買いでY狙い?それはまだで、

ローソク足が5日線(黄色い線)より下にあって、5日線は右下がりです。

ローソク足が5日線を抜けてから、リテストとかでの押し目買いの方が、

リスクが比較的少ない入れ方だとは思います。

(とか言って、プロは時に危ない入れ方もするんですが、それはスクールの方で^^)

 

 

4時間足チャート

X-Yの23.6のサポレジ、ギリ割れそうな感じですが、

2番目のトレンドラインもあるので、まだ持ちこたえてます。

しかしチャートとしては(買いを入れるのであれば)、もう少し下があってもよさそうな感じ。

 

20日線(青いギザギザ)とX-Yの38.2%戻しが、127.57に。

ここまで調整すると、買いを入れやすいカタチ。

では、そこまでショートを入れればいいのでは?

ファンダ逆行&ロング軸で逆張りになるので、あまりやりたくないですが、

デイトレくらいであれば、チャンスはあるカモ。

 

では、ここまで見てきて、どうする?という話。今週のユーロ円のトレードプランは、

  • どこでエントリーして
  • どのあたりがターゲットになりそうで
  • どのくらい狙えそうか

明日メルマガでお送りしますね!

 

では、明日また!

 

会員サイトでスクール生の方と共有してリアルタイム公開しているポジション

7月決済分(+804pips)

  • ドル円:+55pips(7月4日エントリー、7月5日決済)
  • ポンド円:+42pips(7月12日エントリー、7月13日決済)
  • ドル円:+66pips(7月12日エントリー、7月14日決済)
  • 豪ドル米ドル:+178pips(7月5日0.7582買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+186pips(7月5日0.7574買い、7月14日0.7760決済)
  • 豪ドル米ドル:+171pips(7月5日0.7589買い、7月14日0.7760決済)
  • ドルカナダ:+106pips(7月12日1.2826売り、7月14日1.2720決済)

現在保有中(ターゲットはスクール生に公開中)

  • なし

 

動いてきたら、ツイッターの方で。

→ @FX_wiki_com

 

無料メルマガにご登録いただくと、無料講座や、メルマガ会員限定記事が読めます。

→ 登録はコチラ

 

  • 利確が早すぎ、薄利決済後に大きく伸びてしまって後悔...
  • 利確が遅すぎ、大きな含み益が吹き飛んでしまった...
  • 損切り判断がつかず、損が拡大。もっと早く損切りすればよかった...
  • 損切り後に大きく利益方向に転換して、損切りしなければよかった...

誰もが失敗を重ねる、エグジット。

FXトレードの勝敗を決めるのは、エグジットです。

どんなに含み益があっても、相場が急転したら、一気に利益が吹き飛んでしまいます。

  • もっと早く利確してればよかった。
  • 損切りできず、どんどん逆行。もっと早く損切りしていれば、傷口浅くてすんだのに。
  • 損切りした直後、利益方向に一気に伸びて後悔。損切り貧乏...

全て、解決します!

これでリカク上手に!

リカクが上手くなる!10の決済ルール

  利確が早すぎ、薄利決済後に大きく伸びてしまって後悔... 利確が遅すぎ、大きな含み益が吹き飛んでしまった... 損切り判断がつかず、損が拡大。もっと早く損切りすればよかった... 損切り ...

続きを見る

-ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.