FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

豪ドル米ドル

豪ドル米ドルのトライアングル!

投稿日:2017年5月22日

会員サイト日曜アップの記事です。

 

依然1年3ヶ月に渡ってレンジ相場を形成している豪ドル米ドルですが、レンジ幅自体は600pipsありますので、レンジ内であってもトレードチャンスはありそうですね。

今の相場では、ユーロや米ドルのように派手に動く主役ではありませんが、今週原油相場が堅調に推移し、トランプリスクが不安定であるならば、値動きが進むかもしれません。

前回のレポート以降、1週間レートがほとんど動いていないですが、テクニカル的にはより煮詰まってきていると思います。

 

使えるマニアックなフィボナッチの取り方!

依然1年以上のレンジが続く豪ドル米ドルですが、レンジ内の動きながらも先週安値で複数テクニカルが重なるポイントをつけ、興味深い動き。トレードチャンスにつながるか見てみます。     ...

続きを見る

 

 

週足チャートです。

昨年2月以降、0.7150~0.7750(幅600pips)のレンジ相場になっています。

ただし前回と違って、

  • ローソク足が陽線
  • 1本前のローソク足よりも高値・安値を切り上げている

というところ、ここは結構重要です。

 

 

日足チャートです。

前回のおさらいですが、Bからの下げは、

  • B起点のダウントレンドラインのチャネル
  • A-Bの161.8%戻し

が重なる黄色い丸のところで、一旦区切りがついています。

そして現在、ダウントレンドラインにあたり、ブレイクできるかどうか、という位置です。

もうひとつ見逃してはいけないのが、先週末引けのローソク足が

5月2日以来、約3週間振りに20日線(緑のライン)を抜けてローソク足がクローズしている

というところです。

 

20日線はまだ右下がりですが、上抜け状態が続けば、横向きもしくは右上がりに転じるのは時間の問題で、5日線とのGC(ゴールデンクロス)なども続いてくると思います。

そうなると、テクニカルから買いで入ってくるトレーダーも多くなると思います。

 

 

上方向へブレイクアウトした場合、

  • 3/21高値(0.7749)~5/9安値(0.7328)の38.2%戻し:0.7489
  • A地点:0.7490

が重なっているので、まずここで引っ掛かりやすいですが、これを抜けてくると、半値戻し(0.7539)や61.8%戻し(0.7588)あたりも見えてきます。

 

このような時は、下から移動平均で追いかけたり、プライスアクションでいってみるのもいいかと思います。

 

アップトレンドラインを割ってきたら形が崩れるので、一旦仕切り直しです。

 

既にお問い合わせいただいているようですが、近日会員の再募集があるようなので、是非のぞいてみてください!

 

 

↓クリックよろしくお願いします!↓

にほんブログ村 為替ブログへ

-豪ドル米ドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.