FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

ドル円 ポンド円 ユーロ円

ここは取り時!ドル円・ユーロ円・ポンド円追加買いエントリーポイント

投稿日:2017年4月25日

昨日大きくギャップアップ(窓開け)でスタートしたドル円・ユーロ円・ポンド円ですが、ポンド円のギャップが埋まりました。

昨日の記事で書いた指値エントリーポイントがいくつかヒットしていて、チャートパターンが形成されています。ここは追加エントリーのチャンスになりそうです。

スクール生の方にはいつもお教えしていますが、取れるところは徹底的に取るべきです。その後のプランにも余裕が出てきますし、せっかくのチャンス、ひとつポジションを入れたら眺めているだけでは、あまりにもったいないです。ポジショニング後にトレンド入りしてきたら、さらに追加エントリーのチャンスを見つけて、大きく取っていくといいですね。

 

窓埋め(ギャップクローズ)を狙える通貨ペアと指値ポイント

  昨日行われたフランス大統領選挙の第1回投票で、 中道・独立系のマクロン前経済相 右翼・国民戦線(FN)のルペン党首 による、5月7日(日)の決選投票が決まりました。   この2 ...

続きを見る

 

 

ドル円1時間足チャートです。昨日の記事では

  1. 109.99で買い
  2. 109.63で買い
  3. 109.48で買い

の3つが指値でしたが、1の109.99のロングエントリーがヒットしています。

昨日高値(110.56)はまだ更新されていないので、2(109.63)と3(109.48)は継続です。

また、分かりやすいチャートパターン(フラッグ)を形成しているので、ローソク足終値実体(ヒゲではなく)でブレイクアウトしたら、追加買いエントリーのチャンスですね。

 

 

ユーロ円1時間足チャートです。昨日の記事では

  1. 119.35で買い
  2. 118.49で買い
  3. 117.81で買い

の3つが指値でしたが、1の119.35のロングエントリーがヒットしています。

こちらも、昨日高値(120.74)はまだ更新されていないので、2(118.49)と3(117.81)は継続です。

ユーロ円も分かりやすいチャートパターン(ウェッジ)を形成しているので、ブレイクアウトが追加買いエントリーのチャンスになりそうです。

 

ユーロはフランス大統領選挙の安心感の影響を直接受けてギャップが一番広く開いているので、ドル円・ポンド円のパターンブレイクの距離とタイミングを考えると、あと150pips残っているギャップが埋まるかどうかはちょっと微妙なところかもしれないですね。ウェッジを上へブレイクしたら、目先ギャップは埋まらないまま上へ行きそうです。

 

 

ポンド円1時間足チャートです。ポンド円は既にギャップクローズ(窓埋め完了)しています。

  • 140.34で買い

の1つが指値でしたが、既にヒットしています。

ポンド円も分かりやすいチャートパターン(フラッグ)を形成しているので、ブレイクアウトが追加買いエントリーのチャンスになりそうですね。

 

 

なお、現在テキストはスクール生のみで、一般販売されていないのですが、あまりにお問い合わせが多く、部数限定か期間限定で販売されることになったようです。ご購入いただくと、会員サイトも閲覧できるみたいです。

近々こちらでお知らせさせていただきますので、お楽しみにお待ちください!

-ドル円, ポンド円, ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.