FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生が毎日ここまで書きます!「技」ログ!

FXのワザログ

ポンドドル 豪ドル米ドル

ポンド円&豪ドル円注意!ドルストレートのチャートパターンはチェック必須!

投稿日:2017年4月10日

ポンドドルと豪ドル米ドルで、かなり興味深いチャートパターンが形成されています。

 

 

ポンドドルの週足チャートです。

 

昨年10月以降、6ヶ月に渡って大きなチャートパターン(ペナント)を形成しています。

ひとつ前の昨年6~9月の3ヶ月間に渡っても、もう少し小さなペナントを形成していましたが、今回の方が大きいです。

 

パターンに入ってからそろそろ半年です。移り気なポンドのことですから、ブレイクに備えておいた方がいいかもしれません。

現在の幅は上下約500pipsくらいしかありません。ポンドの本気パワーがあれば、このくらい一気に破壊してしまいます。

 

ポンドドルがパターンブレイクすると、当然ですが、ポンド円も大きく影響を受けます。

ブレイク時のドル円の状況によっては、ポンド円の方がパフォーマンスがいいかもしれません。

例えば、ポンド円が上方向へブレイクした時に、ドル円も上昇していたら、当然ポンド円の方が大きく上方向へ動きます。逆方向も同様です。

 

 

豪ドル米ドルの週足チャートです。

こちらは昨年の3月以降、もう1年以上に渡って0.7150~0.7750のボックスです。

 

ボックスの場合、

  • レンジ天井近くに来たら売り
  • レンジ底近くに来たら買い

というシンプルなトレードができます。ボックス天底に近づいたら、チャンスかもしれません。

 

豪ドル米ドルはボックスをブレイクしたら結構大きめに動くことが多いので、このレンジ(0.7150~0.7750)のどのあたりにいるかは、要チェックです。ブレイクには乗りたいですね!

豪ドル米ドルのボックス天底に近づいたときは、同様に豪ドル円もトレードチャンスになるので、合わせて要チェックです。

-ポンドドル, 豪ドル米ドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.