FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

テクニカル ユーロドル

ユーロドルがソーサーボトムで買いシグナル点灯中!

投稿日:2017年3月17日

 

ファンダメンタルズ的には何かと不安材料の多いユーロですが、 昨日のドル円の記事 でも書いたように、FOMC後の流れは市場全体がドル売りになっています。

相場の動きはファンダメンタルズがそのまま反映されるわけではないので、ここは変な先入観に縛られずに素直にテクニカルを見ていくほうがいいトレードができると思います。

 

ソーサボトム(ラウンドボトム)が出現

ユーロドルの日足チャートですが、2月22日の安値と3月2日の安値、1.0500ラインでダブルボトムになって反発しています。

この2月中旬~3月中旬あたりのローソク足の安値の動きが、何となく矢印のように丸くなっているのが分かると思います。これは時々出現する「ソーサーボトム」というチャートパターンで、

相場の底値と反転

を示します。「ソーサー」とは「お皿」のことで、丸いお皿の底みたいな形をしているからこのように呼ばれます。「ラウンドボトム」とも呼ばれます。ちなみに、これの反対のバージョンは、「ソーサートップ」「ラウンドトップ」です。

 

上昇サインはどれを見ればいいか

ここでは、ボリンジャーバンドを見てみます。

  • エクスパンション(拡大)している
  • センターライン(20日線)が右上がり
  • ローソク足がセンターラインよりも上方にある
  • +2σラインのバンドウォーク

と、まだ上昇余地がありそうな形になってます。ただしバンドウォーク中なので、高値づかみにならないよう、ちょっと下がってきたところを上手くエントリーしたいですね。

 

ターゲットは?

今年1月3日の安値(1.0340)でダイバージェンスが出ているので、相場は大反転!というのは早計だと思います。ここはそんなに遠くないターゲットを考えてみます。

 

まず考えられるのは、サポレジ(サポート・レジスタンス)の関係で、

直近のスイングトップ(高値)であるB(1.0828)

が考えられます。ここから上昇したとしても、このラインの手前では利確の動きや売りが出やすいので、一旦抵抗になりやすいと思います。1.0810-20くらいで一旦出るか、半ポジ利確して残りをブレークイーブンにしておくとか、そんな感じがいいと思います。

 

これを抜けられれば、次は

A-B-C-Dというフォーメーション(CからA-Bと同じ幅上昇する)のターゲットであるD(1.0982)

がターゲットになります。そのあたりに、A-Cを結んだラインの平行線をBから引いたラインが重なってきそうです。

 

週明けに「3大手法」でご提供しているようなフォローアップ型のトレンド手法で、ロングエントリーのトレードができそうですね。下がってきたところを拾う形になると思います。

-テクニカル, ユーロドル

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.