FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

FXの基本

3月はリパトリで円高になる?

投稿日:2017年3月5日

 

「3月はリパトリで円高」

という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

「リパトリ」は、リパトリエーション(Repatriation)の略で、もともとは「本国送還」の意味です。金融業界では「海外から本国に資金を引き揚げる」意味として使われます。

FXで言えば、金融やメーカー・商社などの日本の巨大な企業や投資家が、3月末決算へ向けて外貨建て資産の決済と円転(円を買い戻す)を行うため、円高方向になりやすい、ということになります。

では実際のところ、どうなんでしょうか?

 

 

ドル円の月足チャートです。2011年は震災があった時なので除いて、2012~2016年の過去5年分見てみます。

おや?2016年を除き、全部陽線です。2016年も、ほぼ十字線なので、ものすごく円高ってことでもありません。

ただし、2013・2014・2015年の3月は、アベノミクスに沸いた年なので、この5年だけ見ても・・・とさらに5年遡ってみると、2007・2008年が陰線で、それ以外の年は陽線です。つまり、過去10年で、陽線7本、陰線3本となります。

ってことは、「3月はリパトリで円高」は間違い?

 

実際のところ・・・

決算に向けてリパトリは行われますし、一概に「3月はリパトリで円高」は間違いとは言い切れないと思います。月足では陽線の年も、日足まで細かく見てみると、どの年もストンと落ちているところがあります。

最近では、リパトリが一気に行われると相場に大きな影響を与えてしまうことから、2月下旬から3月下旬にかけて徐々に分散して行われることが多くなっているようです。

なので、ちょっと上昇したら頭打ちにはなりやすくなっているのかもしれません。

 

そのため、結論としては、

  • 3月は円高とは言い切れない
  • ただし2~3月はリパトリが円高要因となりうる
  • 3月が新たなトレンドの起点にはなりにくい

というあたりは頭に入れておけばいいのかなと思います。過度に気にする必要はなさそうで、普通にテクニカルに従ってトレードしていけばいいのではないでしょうか。

-FXの基本

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.