FXスーパー為替予想&超絶トレードテクニック・攻略法!アジア屈指の人気FX先生がここまで教える「技」ログ

FXのワザログ

テクニカル ユーロ円

ユーロ円をフィボナッチでリミット設定した結果…

投稿日:2017年3月4日

 

火曜日

ユーロ円は短期的に買い、ターゲットは120.47

という記事を書いたのですが、もう少し時間がかかるかなと思っていたところ、昨日あっさりとクリアしてしまいました(笑)

 

ユーロ円、日足チャートです。

 

直近の下落幅のフィボナッチ38.2%戻しをターゲットにしていたんですが、半値戻しまで行きましたね。

記事を読んでいただいてエントリーした方は100~150pipsくらい取れた

のではないでしょうか?欲を出せばもう少しいけましたが、まぁ週末だったので手堅く手じまっておくのがいいと思います。

 

 

今日は、1時間足で、もう少し細かくデイトレ風(ポジション保有1~3日程度)に見ていきたいと思います。

 

火曜日の記事 を書いた時は119.30くらいだったので、それから60pipsくらい押しがあったことになります。火曜日の記事では、

最初に反発したスイング・トップから38.2%や61.8%戻したあたりで買いエントリー

だったので、

  • A-Bの38.2%戻し=118.99(C)
  • A-Bの61.8%戻し=118.70(D)

が買いエントリーのポイントになります。

 

ストップの初期設定は、1時間足なのでそんなに広く取らなくてよくて、直近安値Aの少し下、118.10-20くらいでいいと思います。

Bを再度超えた119.50くらいで、CかDで入れた買いポジションをブレークイーブンにして、さらに追加買いポジションを入れてもいいでしょう。

 

あとは リミットをEの120.47に設定して放置 です。無事リミットにかかりました。

 

もし上記3つのポジションを分割して入れていたのであれば、

  • 118.99で買い、120.47でリミット(+148pips)
  • 118.70で買い、120.47でリミット(+177pips)
  • 119.50で買い、120.47でリミット(+97pips)

と、 平均+140pipsの利益獲得 になりました。

 

いつも書いていますが、勝っているトレーダーの方は、ポジションを分割したり積み重ねたりしています。「毎回同じポジションサイズでエントリーとエグジット」というトレードスタイルは、収益が獲得pipsに依存するので不利になります。このようなポジションの入れ方は、是非参考にしていただきたいと思います。

 

フィボナッチ・エクスパンションも使える!

今回はフィボナッチを使ったエントリー・エグジット(リミット)でしたので、ターゲット(エグジットポイント・決済ポイント)には、フィボナッチ・エクスパンションを使ってもいいと思います。

 

フィボナッチをよく使うトレーダーの場合、A-Bの61.8%戻しDで再反発して上昇に転じたところで、

「これはフィボナッチ・エクスパンション(FE)が使えるな」

とだいたい気づきます。

 

フィボナッチ・エクスパンションによるターゲット設定方法

A-B-Dと3点を取り、

  • FE100%:DからA-Bと同じだけ進んだポイント=119.89
  • FE161.8%:DからA-Bの161.8%進んだポイント=120.64

をリミットや、部分エグジット・トレーリングストップなどに設定します。

-テクニカル, ユーロ円

Translate »

Copyright© FXのワザログ , 2017 AllRights Reserved.